今週の例会

会員のみなさんは出欠を確認するため、このページに感想をコメントで残してください。
ログインはコチラのURLから必要事項を入力して行ってください。
パスワードはご自身で編集・削除などを行う際のものです。ご自身が確認出来るパスワードを自由に入力してください。

メークアップの方はメークアップの方法を確認し、例会に参加したあと、メークアップフォームに設問内容など必要事項をご記入して送信してください。

よろしくお願いします。


Eクラブ会員ログインはコチラ


メークアップの方法はコチラ


メークアップはコチラ


開会点鐘・歌の斉唱





会長の時間:Give and Take


11月1日に当クラブにインターアクトクラブが誕生しました。大分大学附属中学校インターアクトクラブです。現在同校でPTA会長をしている当クラブ会員の薬真寺哲也さんのご尽力に心から感謝しております。

そのインターアクトクラブが、12月3日の日曜日に大分県南部の台風被害の復興支援のための募金活動を行いました。設立して間もないクラブですのに、自分たちで立案し、横断幕や募金箱を手作りし、効果的な場所まで検討したその企画力・実行力には目を瞠るものがあります。



私は企画力・実行力に目を瞠りました、と先ほど申し上げました。それはもちろんですが、それ以上に私の心を動かしたことがあります。それは、入会した彼らが、「インターアクトに入会して、何をしてもらえるのだろうか、どんなメリットがあるのだろうか、と考えるより先に、インターアクターとして自分たちが世のため人のためにどんなことをしてあげられるのだろうか」ということをまず考えた、ということです。



英語にGive and Takeという言葉がありますが、これは「人から何かを与えられる前に、自分から何かを捧げよ、という意味である」と私が敬愛する日野原重明先生が著書で述べています。自分から捧げるといっても、それは物質的なものだけではなく、まごころや感謝、時間などもそれに入ります。また、日野原先生は「人に与えることで失うものはありません。与えることによって、あなたの生涯にかけがえのない喜びを与えてくれるでしょう」とも述べています。ロータリーの奉仕の心に通じる言葉だと思います。



年末の日曜日に本来ならば遊びや勉強のための貴重な自分の時間であるはずの一日を被災地のために差し出したインターアクターたちは、人からお金を頂くことのありがたさや自分たちの企画を達成した充足感など、きっと目に見えないたくさんの喜びを得たことでしょう。

人のために何ができるか。ロータリーのために何かできるか。クラブのために何ができるか。一人ひとりができることを考えて日々実行することが大事だと思います。私たちもインターアクターとともに、さらに奉仕の精神を育んでいきたいと思います。

本日の卓話は足立知弘さんです。出会いを大切に、という気持ちで一期一会から命名した「いちご会計事務所」。会計士さんというお仕事が、数字やお金ではなく人と向き合うことだとあらためて知ることができます。どうぞお楽しみください。

なお、本日は中門 吉松さんが新たにご入会されました。中門さんのご入会を心から歓迎申し上げますとともに、これから末永くともに学び、歩んでいけますことを嬉しく思います。どうぞよろしくお願い致します。


出席報告


例会 第21回【通算第28回】 2017年12月4日正午~12月11日正午(出席数・出席率 12月11日11:30 )


修正
出席率
59 50 84.75% 0 84.75%

例会 第20回【通算第27回】 2017年11月27日正午~12月4日正午(出席数・出席率 12月11日11:30 )


修正
出席率
59 51 86.44% 0 86.44%

例会 第19回【通算第26回】 2017年11月20日正午~11月27日正午(出席数・出席率 12月4日正午 )


修正
出席率
58 50 87.72% 0 87.72%

幹事報告・委員会報告


幹事報告


先週の日曜日(3日)までの出席が37名(62.71%)で、今週(10日)は40名(67.80%)となっております。先週に引き続き、多少ですが改善しました(^^)各位のご協力に感謝します。

何かとお忙しい月曜日の午前中に出席いただくのは、意図せぬ欠席(トラブルによるコメント反映不備など)の原因ともなりますので、極力早期に出席コメントをすませていただき、安心して1週間をお過ごしいただければと存じます(^^)

<出席に関するお願い>
・ホームクラブ(OKEクラブ)例会に極力出席(例会ページを参照いただき、例会開催期間中にコメントしていただくこと)をお願いします。
・各例会への出席コメントで、各例会ごとの開催期間(月曜正午-翌月曜正午)以外のものは、出席カウントされませんのでご注意ください。
・万一、出席できなかった場合、2週間以内に他のクラブの例会に参加することでの「出席補填」(メークアップ)をお願いします。(前後2週間が補填可能期間です。具体的には、各例会の初日を基準として前後14日間となります。)

「メークアップ」は、例会場に集って開催される例会と、他のEクラブ例会のいずれでも結構です。メークアップ後、証明書を事務局( info@ok2720eclub.jp )あてお送りください。
 他のEクラブURL一覧(あすかRC資料)
・他クラブ(リアル例会、Eクラブ例会)へのメークアップ(出席補填)につきましては、通常の場合「有料」となりますので予めご承知おき願います。
・他クラブの例会にご参加いただく場合のクラブ名は、正式名称(2720JapanO.K.ロータリーEクラブ)で通知いただくようお願い申し上げます。
(事務局メールアドレス: info@ok2720eclub.jp )


<サポーターの地区別・クラブ別人数>


【お礼】
2017年12月3日現在、総数51名のクラブ外ロータリアンの皆様に「サポーター」となっていただきました。(前回報告11月26日現在対比 プラス1名)
心より感謝申し上げます。
【サポーター制度について】
当クラブにはサポーター制度があり、サポーターを随時募集中です。
サポーターの会費は年間(6月末までの年度毎)¥10,000(税込み)で、サポーターの方にはメークアップ証明書を無料で発行致します。
会員各位におかれましては、お知り合いのロータリアンに制度をご案内いただき、おひとりでも多くの方にサポーターとなっていただき、当クラブ運営に参画いただければと存じます。

【サポーター数】
(2017年12月3日現在)合計 51名


他地区計(4名)


地区 クラブ名 人数
2580 東京御苑 1
2740 佐賀 1
2700 行橋 1
2700 鳥栖 1

2720地区計(47名)


地区 クラブ名 人数
2720 熊本 1
2720 熊本東 1
2720 熊本北 1
2720 熊本城東 3
2720 熊本南 2
2720 熊本江南 1
2720 熊本西南 2
2720 熊本西 1
2720 熊本中央 1
2720 宇土 1
2720 人吉 1
2720 中津 3
2720 日田 2
2720 玖珠 1
2720 宇佐八幡
2720 宇佐2001 1
2720 別府 2
2720 日出 1
2720 大分臨海 4
2720 大分南 1
2720 大分中央 3
2720 大分1985 4
2720 大分キャピタル 6
2720 竹田 1
2720 津久見 1

<理事会報告>


12月臨時理事会
(WEB開催)
開催日:2017年12月4日(月)
付議事項:
尾林 邦生 会員を次年度(2018-2019年度)の地区役員に推挙する件について・・・承認
推挙先委員会:地区拡大委員会


<幹事からのご案内>
1.(継続案内)(日程案内)「2720JapanO.K.ロータリーEクラブ 2017年 忘年会」
期 日:2017年12月14日(木)19:00~21:00
場 所:韓国料理 チョゴリ
   https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40027100/
   福岡市博多区博多駅前1-8-17 092-431-1616
   JR博多駅から徒歩5分
   地下鉄祇園駅から212m
会 費:5,000円
クラブ内イベントを作成済みですので、参加可能な方は極力ご参加をお願い申し上げます。

2.(継続案内)(日程案内)「2018年1月 大分第4グループ 新春合同例会のご案内」
 お一人でも多くの会員にご参加いただきたく存じます!
期 日:2018年1月10日(水)12:00~15:00
場 所:トキハ会館 5階 宴会場
(会長・副会長・幹事・会長エレクト・副幹事は義務出席です)
クラブ内イベントを作成済みですので、参加可能な方は極力ご参加をお願い申し上げます。
(出欠回答期限:12月20日)
※当日、第4グループの各クラブ会員名簿が配布されます。クラブに届け出済みの電話番号につき、携帯電話番号のみの方につき、名簿への番号掲載不可という方は事務局あてお申し出ください。

3.(継続案内)(日程案内)国際ロータリー第2720地区2017-2018年度 R財団部門 地区補助金管理セミナー
日 時:2018年1月27日(土)12:30~16:00
場 所:ホルトホール大分
出席義務者:会長、会長エレクト、会長ノミニー、R財団委員長、その他希望者
クラブ内イベントを作成済みですので、参加可能な方は極力ご参加をお願い申し上げます。

4.(継続案内)(日程案内)国際ロータリー第2720地区2017-2018年度 地区大会
※地区大会は地区として開催する最大のイベントであり、お一人でも多くの会員にご参画いただきたく、日程につきご案内申し上げます。(登録募集は別途行います。)
 日 程:2018年3月16日(金)~3月17日(土)
 場 所:熊本市
クラブ内イベントを作成済みですので、参加可能な方は極力ご参加をお願い申し上げます。

5.(継続案内)(日程案内)国際ロータリー第2720地区2018-2019年度 地区研修・協議会
地区研修・協議会は次年度の活動方針などにつき研修および協議が行われる場であり、お一人でも多くの会員にご参画いただきたく、日程につきご案内申し上げます。(登録募集は別途行います。)
 日 程:平成30年4月8日(日)
 場 所:ホルトホール大分(〒870-0839 大分県大分市金池南1丁目5−1)
クラブ内イベントを作成済みですので、参加可能な方は極力ご参加をお願い申し上げます。


<来信紹介>
1.国際ロータリー 第2720地区会員増強部門長 硯川 昭一氏より「会員増強の中間報告」が届いております。
<内容>
各ロータリークラブ
会長・幹事・会員増強委員長 様

拝啓  初冬の候、 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
添付いたしました会員数純増報告書につきましてご説明させて頂きます。
スタートから4か月経ちました10月31日時点での、年初(7月1日)との増減を、右側の緑部分にて表現いたしております。
また、今年度の地区大会での出席表彰は、平成29年1月1日から、12月31日までの期間の増加会員数になっております。
参考までにその中間結果を、左側の黄色部分にて表現いたしております。
現時点では、地区では、年初より80人増となっております。
今後も、各クラブにおかれましては、どうぞ増強、特に退会防止に励まれる事、心からご祈念申し上げます。  敬具

地区会員増強部門長 硯川 昭一

 会員増強中間報告書

2.国際ロータリー日本事務局より「インターアクトクラブ認定のお知らせ(大分大学附属中学校IAC)」が届いております。
 大分大学附属中学校IAC結成認定連絡
 インターアクトクラブを支援しよう!

3.国際ロータリー第2720地区事務所より「地区大会ご案内」が届いております。
 RID2720_2017-18年度地区大会登録申込みのご案内
 地区大会フライヤー

4.国際ロータリー第2720地区 2017-18年度・地区表彰委員長 木村 初 氏より「2017‐18年度 地区表彰クラブ 例会出席、会員増強等中間報告及びご案内」が届いております。
 ①永田年度_表彰委員会_12月中間案内
 ②永田年度_表彰委員会_例会出席_10月中間報告
 ③永田年度_表彰委員会_会員数および出席率_10月中間報告

5.国際ロータリー第2720地区 2017-18年度 地区公共イメージ部門長 三村 彰吾 氏より「各クラブの奉仕活動に関する報道メディアへの取材依頼のお願い」が届いております。
 公共イメージ委員会よりの依頼

6.一般社団法人ロータリーの友事務所編集部より「大分大学附属中学校IACについての問い合わせ」が届いております。
 大分大学附属中学校IAC問合せ
 

<新会員のご紹介>
 
 中門 吉松(なかかど よしまつ)会員(神奈川県高座郡在住)   

        推薦者:安部 道弘会員
        所属先: 寒川古文書愛読会
        職業分類:自動車メーカー
        所属委員会:公共イメージ委員会

    


幹事 早水琢也


今週のスマイルボックス


今回はありません


卓話:私の事務所と理念経営


足立 知弘 会員
(2720 Japan O.K.ロータリーEクラブ:会計監査 ロータリー財団 委員 )


初めまして。
いちご会計事務所という会社を運営しております、公認会計士・税理士の足立知弘と申します。
事務所の名前の通り、税務・会計・監査まわりの仕事をしております。

いちご会計事務所(足立公認会計士事務所)
:福岡市中央区の会計事務所【福岡・熊本対応】
http://www.15tax.jp/

今回、卓話を担当させていただくことになりました。
ロータリアンとしては、入って間もない初心者であることから、これから会員の皆様から、いろいろと学ばせていただきたいと思っております。
よろしくお願いします。



まずは、自己紹介をさせていただきます。
1973年4月に熊本県熊本市に生まれました。
実家は団子屋を経営していて、いきなり団子などを作って、熊本駅などで販売しています。
高校まで熊本で過ごし、その後静岡大学に進学しました。
1997年10月に公認会計士試験に合格して、中央青山監査法人に入所しました。
その後、2005年10月に監査法人を退所後、地元税理士法人の勤務を経て、2008年から現在のいちご会計事務所を立ち上げて、事務所運営をしています。
福岡には、監査法人に入所した際に福岡事務所に来た縁から、かれこれ20年以上住んでいます。

おかげさまでお客様は、この独立後10年の間に、北部九州を中心に法人顧問で70件以上、個人の確定申告も40件程度までになりました。
ここまでこれたのも、本当にお客様のご支持のおかげと、日々感謝しています。


私が公認会計士を目指した一つの理由と経営理念


「会計で世界をよりよくする」

いちご会計事務所は、この「会計で世界をより良くする」を経営理念として、活動しています。「会計で世界をより良くする」を経営理念とした背景には、私が公認会計士を目指した理由と密接に繋がっています。

そこで、私が公認会計士を目指した理由ついて、まずお話しできればと思っています。先ほども書きましたが、私の実家は、熊本のいきなり団子を製造販売している団子屋さんです。父が30年以上前に、親族経営の会社から独立して建てたお店です。

経営者である父は、朝早くから起きて働いていました。母もまた遅くまで店舗に立って販売をしていました。そんな父母の働く姿をみて私は育ちました。朝夕の家族の食卓での会話も、店の運営や人の問題、資金繰りといった、商売がらみの話ばかりでした。

小さい頃から、商売の話を聞いていたせいか、会社の経営とは大変なんだなー、と小学生くらいの頃から思っておりました。商売というのは、儲かって「やったー!」という時もあれば、あるいは損して「がっかり...」という時もあります。とにかく明日どうなるかわからない時もあるのですから、日々の店舗の黒字・赤字の心配だけでも、気持ちがタフで無ければ、やっていけません。他にも、人の採用、教育の問題、資金繰りの心配、営業、商品、製造をどうして行くのかという様々問題を解決し、決断していかなければなりません。すべてが自己責任になる社長という仕事は、本当に大変です。

そんな経営者の大変さをみて、少年時代を過ごしました。

大学に進学すると、商売にどっぷりの家で育ったためか、法学科に進学したにも関わらず、経済学科の授業も興味がありました。そこで、大学に入学すると、経済学科の授業をいくつか受けていました。その中で、受けていた授業で一番面白かったのが、会計学-特に原価計算と管理会計でした。大学に入って、始めて会計学という研究分野があり、会計が経営を数値で表し、経営者が、経営するために必要で有益な情報を提供できるものである、ということを知りました。

この会計学を勉強しているときに思い出したのは、私の実家のことでした。
父は経営をするに当たって、それなりに数字を読んでいるのですが、分析は出来ていませんでした。「もし、管理会計と原価計算を駆使すれば、もっと経営がうまくいくのでは無いか?」と思ったのです。そして、もう一つ思ったのは、会計専門家のことでした。

「なぜ、うちの顧問の会計事務所は数字を扱っているのに、実家の経営に有益な会計情報や分析を提供できないのだろうか?」
「数字の分析をもとに、いろいろと知って相談したり提案できることもあるのでは無いか?」と思ったのでした。
「もし自分が顧問になるならば、会計というツールを使って、父のように一人で経営に悩んでいる中小企業を支援する仕事をしたい」
そう思うようになりました。そして、経営学で「企業のステークホルダー」、「企業の社会的責任」という話を学んだときに、「会計という分野から経営を支援すれば、ひとつの会社の経営が良くなることで、取引先は売上が増え、社員は給料が上がり、お客さんは優秀な商品を買うことができる。企業を支援すると言うことは、会社を取り巻くすべての人々をプラスなるようできるんだ」と思い至りました。

これが「会計で世界をより良くする」の経営理念の発端です。
顧問の会計事務所は、数少ない中小企業に身近な専門家です。そして、その助言や提案は、経営への影響が大きいものです。そのため私は、「会計事務所一つで会社が変わる」とよく言ってきました。だからこそ、私は「頼んで良かった」「相談して良かった」と言われる、中小企業を支援する税理士・公認会計士になりたいと思っています。


いちご会計事務所の由来


よく名刺交換をするときに、「いちご会計事務所の“いちご”って、なぜ“いちご”ですか?」と必ず聞かれます。
もちろん、このように言われることを意識して、つけた名前ではあるのですが…そこで、この由来をお話します。この“いちご”とは、一期一会の一期から来ています。継続的な顧問業務を中心とする会計事務所が、一期一会では行けないのではないかと思われるかもしれませんが、これには理由があります。

これは、事務所が立ち上げの際に私含めて3人しか職員がいなかったときに、「我々は、事務所としては小さいが、一つ一つの仕事は大手に負けているだろうか。我々は一期一会の気持ちで、一回一回の仕事に丁寧に取り組んでいこう」という決意から生まれたものです。

これはさきほど書いた経営理念にもつながっています。



経営理念と一期一会


我々は、経理理念である「会計で世界をよりよくする」を、どうすれば実現できるかをいつも考えてきました。
その時の答えの一つが、一期一会の考えでした。

多くの経営者の方の嘆きとして「うちの顧問税理士はなにもしてくれない」というものがあります。おそらく、顧問税理士としては何かをしているつもりなのかもしれませんが、伝わっていないのだと思います。
 
私が思うには、その顧問の経営者の方と何かしら接点はあるのに、その一回一回がおろそかであるがゆえに、専門家としての力も発揮できていないのだと考えます。

そこで、我々の専門知識を駆使し、社会と顧客に利益をもたらす価値を提供し、会計で世界をよりよくするために、一回一回の小さい仕事でもこの時しかないかもしれないという一期一会の気持ちで成果を上げていこうと、決めました。

それが、この“いちご”の意味です。


仕事を通じての社会貢献


我々は、一人で生きているのではなく、多くの方たちとの関係性で生きています。
しかし、このことを、日常に忙殺されて、時々忘れてしまいます。

もし世の中がこのことを思う人がもっと増えれば、相手のことを考えて、奪うこと、争うこともなく、生きていけると思っています。
我々は、真摯に仕事に向き合った業務を通して、世界に影響を及ぼしているのだと自覚しながら、仕事をしています。
これが職業奉仕といわれるものかと、最近考えるようになりました。

これからは、人と人とのつながりを意識すれば、また社会が変わってゆくと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


閉会点鐘



メークアップ


メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


会員・メークアップの皆様へ(Eクラブ会員の方はログインページで必ずログインしてください


Eクラブ会員専用コメントへ


メークアップフォームへ


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 岩崎)

090-6424-9995