今週の例会

会員のみなさんは出欠を確認するため、このページに感想をコメントで残してください。
ログインはコチラのURLから必要事項を入力して行ってください。
パスワードはご自身で編集・削除などを行う際のものです。ご自身が確認出来るパスワードを自由に入力してください。

メークアップの方はメークアップの方法を確認し、例会に参加したあと、メークアップフォームに設問内容など必要事項をご記入して送信してください。

よろしくお願いします。


Eクラブ会員ログインはコチラ


メークアップの方法はコチラ


メークアップはコチラ


開会点鐘・歌の斉唱





会長の時間:「ロータリアンであることを誇りに思う。」


先週当クラブに卓話を寄せて下さいましたフィリピンシキホール島の原田淑人さんが大分に帰省され、片山勇副会長と早水琢也幹事と一緒にお会いしてまいりました。原田さんは島の子どもたちの教育支援を目的にロータリークラブを設立されたそうですが、
「日本をはじめ、さまざまな地域のロータリーにお世話になりました。ロータリアンというだけでみなさんとても親切にしてくださり、また、支援もしてくれます。ロータリーというのは素晴らしい組織です。ロータリークラブを立ち上げて、本当に正解でした。」
とおっしゃる笑顔がとても爽やかで印象的でした。

先週の「会長の時間」でも述べましたが、9月は「基本的教育と識字率の向上月間」です。国際ロータリーが行っている取り組みについて今月のガバナー月信で永田壮一ガバナーが詳しく説明して下さっていますが、現実ではまだまだ非識字撲滅までの道のりは遠いようです。ということは、これからのロータリーにますます期待がかけられる、ということでもあります。


10月22日のOKEクラブ創立記念イベント「大分・熊本から国際平和を考える」では、国連やロータリーの国際協力活動についての講演や紹介と海外留学生による民族舞踊やスピーチの披露が行われます。クラブ創立の最初の年度に様々なことを学び、しっかりと国際社会に貢献できる下地をみんなで作く貴重なチャンスになることでしょう。


© Rotary International


ところで今日は、日本ロータリーEクラブ 2650の桐渕和子さんのご紹介で、深川芳子さんがご入会下さいました。桐渕さんのご紹介によりますと、深川さんは日本にインドネシアのユネスコ無形文化遺産であるバティックを紹介した第一 人者でいらっしゃり、日本ロータリーE クラブ 2650 がインドネシア水資源 VTT-GG 事業を通じたパー トナークラブのマタラム・ジョグジャカルタ RC とともに設立した「バティック同好会」の架け橋となる存在でいらっしゃるそうです。国際協力の先達ともいえる方を仲間としてお迎えできますことを心から喜ばしく思いますと同時に、深川さんを失望させることのなきよう、これまで以上に心して活動に取り組まねばと気が引き締まる思いをしております。


このように、ロータリーがなければ知り合えることがなかったであろう素晴らしい方々と出会えることは、ロータリーの大きな魅力の一つであると私は思います。メンバー一人ひとりがお互いを誇りに思うことができるならば、自らもロータリアンであることを誇りに思えることでしょう。

本日の卓話は、当クラブ最年少の会員、江田梢さんの「遺品整理業と特殊清掃」の話です。江田さんのお仕事もまた、人の人生に関わる素晴らしいお仕事です。人間に対する愛情と、人の人生に対する尊敬と、そして何よりも信頼を要する貴い仕事です。江田さんとも、ロータリーが無ければ知り合うことはなかったかもしれません。

素晴らしいロータリアンの方々と仲間でいられる私自身を幸せに、そして誇りに思い、日々感謝しております。


出席報告


例会 第9回【通算第16回】 2017年9月4日正午~9月11日正午(出席数・出席率 9月11日11:30現在 )


修正
出席率
57 52 91.23% 0 91.23%

例会 第8回【通算第15回】 2017年8月28日正午~9月4日正午(出席数・出席率 9月11日11:00現在 )


修正
出席率
56 49 87.50% 1 89.29%

例会 第7回【通算第14回】 2017年8月21日正午~8月28日正午(出席数・出席率 9月4日正午 )


修正
出席率
57 51 89.47% 1 91.23%

幹事報告・委員会報告


幹事報告


2017-18年度 第9回例会にご出席いただいた会員の皆様およびメークアップ出席いただいた他クラブ会員の皆様に心よりお礼申し上げます。

<出席に関するお願い>
・ホームクラブ(OKEクラブ)例会に極力出席(例会ページを参照いただき、例会開催期間中にコメントしていただくこと)をお願いします。
・各例会への出席コメントで、各例会ごとの開催期間(月曜正午-翌月曜正午)以外のものは、出席カウントされませんのでご注意ください。
・万一、出席できなかった場合、2週間以内に他のクラブの例会に参加することでの「出席補填」(メークアップ)をお願いします。(前後2週間が補填可能期間です。具体的には、各例会の初日を基準として前後14日間となります。)
「メークアップ」は、例会場に集って開催される例会と、他のEクラブ例会のいずれでも結構です。メークアップ後、証明書を事務局( info@ok2720eclub.jp )あてお送りください。
 他のEクラブURL一覧(あすかRC資料)
・他クラブ(リアル例会、Eクラブ例会)へのメークアップ(出席補填)につきましては、通常の場合「有料」となりますので予めご承知おき願います。
・他クラブの例会にご参加いただく場合のクラブ名は、正式名称(2720JapanO.K.ロータリーEクラブ)で通知いただくようお願い申し上げます。
(事務局メールアドレス: info@ok2720eclub.jp )


<サポーターの地区別・クラブ別人数>


【お礼】
2017年9月10日現在、総数41名のクラブ外ロータリアンの皆様に「サポーター」となっていただきました。(前回報告8月27日現在対比 プラス1名)
心より感謝申し上げます。
【サポーター制度について】
当クラブにはサポーター制度があり、サポーターを随時募集中です。
サポーターの会費は年間(6月末までの年度毎)¥10,000(税込み)で、サポーターの方にはメークアップ証明書を無料で発行致します。
会員各位におかれましては、お知り合いのロータリアンに制度をご案内いただき、おひとりでも多くの方にサポーターとなっていただき、当クラブ運営に参画いただければと存じます。

【サポーター数】
(2017年9月10日現在)合計 41名


他地区計(4名)


地区 クラブ名 人数
2580 東京御苑 1
2740 佐賀 1
2700 行橋 1
2700 鳥栖 1

2720地区計(37名)


地区 クラブ名 人数
2720 熊本 1
2720 熊本東 1
2720 熊本北 1
2720 熊本城東 3
2720 熊本南 2
2720 熊本江南 1
2720 熊本西南 1
2720 熊本西 1
2720 熊本中央 1
2720 宇土 1
2720 人吉 1
2720 中津 1
2720 日田 2
2720 宇佐八幡 1
2720 宇佐2001 1
2720 別府 2
2720 日出 1
2720 大分臨海 3
2720 大分中央 2
2720 大分1985 2
2720 大分キャピタル 6
2720 竹田 1
2720 津久見 1

<理事会報告>


【臨時理事会 2017年9月5日オンライン付議】
新会員候補者について・・・承認
早水琢也会員推薦の方(元熊本東南RCおよび東京ピースウイングRECメンバー)について付議した結果、承認されました。今後、会員各位への通達の後、異議なき場合は正式入会となります。

【臨時理事会 2017年9月5日オンライン付議】
高山ガバナー年度における地区委員推挙について・・・承認
対象者 本田麻也 会員
役職 地区管理運営委員会 委員
推薦者 片山副会長


<幹事からのご案内>

1.(継続案内)国際ロータリー第2720地区 ガバナー、青少年奉仕部門長、ローターアクト委員長、地区ローターアクト代表、八代ローターアクトクラブ会長、第33回年次大会実行委員長名で「国際ロータリー第2720地区ローターアクト第33回年次大会本登録のご案内」が届いております。

 開催日程  :2017年10月7日(土)~8日(日)
 会 場   :やつしろハーモニーホール(熊本県八代市新町5-20)
        セレクトロイヤル八代(熊本県八代市本町2丁目1-5)
 登録締切  :2017年9月19日(火)

 ローターアクト年次大会_本登録のご案内(各RC様宛)

2.(継続案内)国際ロータリー第2720地区 職業奉仕部門長および職業奉仕研修委員長より「職業奉仕研修セミナーのご案内」が届いております。
 日 時:2017年10月7日(土)13:00-16:00(受付開始12:30)
 場 所:熊本県民交流会館パレア第1会議室
 対象者:10月22日に予定されている職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕合同フォーラムへの参加が難しい方で職業奉仕に関する知識を深めることを希望される会員
 登録締切:2017年9月15日
 2017年10月7日_RID2720_職業奉仕研修セミナーのご案内

3.(継続案内)国際ロータリー第2720地区事務所より「 職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕合同フォーラム開催のご案内」が届いております。
 職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕合同フォーラム開催のご案内
 職業奉仕の体験発表例会のお願い
 日 時   :2017年10月22日(日)13:00~16:30
       (受付開始12:30~)
 場 所   :ホルトホール大分 大分市金池南1-5-1
       (TEL097-756-7555)
 出席対象者 :ガバナー補佐・職業奉仕委員長・社会奉仕委員長・国際奉仕委員長・参加希望者
        各委員長が参加困難な場合は代理者の参加が必須。
 必要持参物 :2016年手続要覧(基本理念)

4.(継続案内)国際ロータリー第2710地区 福山ロータリーEクラブ2710 より「創立5周年記念式典及び記念事業の仮登録のご案内」が届いております。
 福山REC2710創立5周年記念事業_開催のご案内
 全国ロータリーEクラブフォーラムのプログラム(案)
 福山REC2710_5周年_仮登録案内
 福山REC2710_仮登録申込書
 全国RECフォーラムアンケート
 日 時  :2018 年 3 月 3 日(土)~3 月 4 日(日)
       3 月 3 日(土) 全国ロータリーEクラブフォーラム
       15:30受付 16:00開始 21:00終了予定
       3 月 4 日(日) 創立5周年記念式典
       13:30受付 14:00開始 18:00終了予定
 会 場  :福山ニューキャッスルホテル
       〒720-0066広島県福山市三之丸町8-16(福山駅徒歩1分)
       TEL 084-922-2121 FAX 084-926-3876
 テーマ  :Let it V
 登録料  :10,000 円(フォーラム及び記念式典共に)
       ※厳しい予算運営をご理解いただきご協力のほどお願い申し上げます。
 仮登録締切:2017 年 9 月 15 日

<来信紹介>

1.2720地区 大分第4グループ2017-18年度当番クラブ(大分キャピタルRC)より「大分市内9クラブ会長・幹事会のご案内」が届いております。
 日 時:平成29年 10月 2日(月) 18時30分~
 場 所:アリストンホテル大分 2F「チャイナダイナー」
 議 題:①市内9RC新春合同例会について
     ②市内9RC親睦ゴルフ大会について
     ③大分第4グループIMについて
     ④その他

2.大分南RCより「大分南ロータリークラブ創立40周年記念式典及び祝賀会のご案内」が届いております。
 期 日:平成29年10月21日
 場 所:大分オアシスタワーホテル
 次 第:受付   13:30~
     記念講演 14:20~
     記念式典 16:00~
     祝賀会  17:00~
 登録料:10,000円
 締切 :9月20日

 2017_10_21_大分南RC40周年案内


<新会員のご紹介>
 深川 芳子 会員(熊本市在住、元 熊本水前寺公園RC会員)
 紹介者  :桐渕 和子様(日本ロータリーEクラブ2650)
 推薦者  :植山 朋代会員
 勤務先  :(株)いまり 相談役
 職業分類 :繊維製品製造・販売
 所属委員会:奉仕プロジェクト委員会


幹事 早水琢也


今週のスマイルボックス


植山 朋代 会員 16,620円

当クラブにたくさんのサポーターさんが登録してくださいました。サポーターさんへのサンクスカードを佐藤知博さんから購入したカード代金分をスマイルさせて頂きます。これから頑張ってカードを書き、国連デーのチラシを添えて郵送する予定です。

尾林 邦生 会員   2口

当クラブメンバー、スチッタ君の学生時代の恩師がスリランカ、クリヤピティアRCの会長に就任しました。別府ロータリークラブ60周年記念事業の折り、大変お世話になりました。ご活躍を祈念してスマイルします。


マイロータリーの登録方法(継続掲載)


※目標としている「クラブ会員のうち 50%以上 の マイロータリーアカウント取得」が目前となりました。未登録の会員で要領がわからない方は、ご遠慮なく幹事または事務局あてお問い合わせください。※

Eクラブにて初めてロータリアンとなられた方々にマイロータリーの登録方法をご紹介いたします。マイロータリーにて国際ロータリーの理解をいっそう高めてください。
(9月8日7時現在) クラブ会員数:57名 My Rotaryアカウント登録者数:26名(45.61%)
安部 道弘・今長 学・上田 浩二・植山 朋代・衛藤 昂・尾林 邦生・親川 広志・片山 勇・薬真寺 哲也・久保田 努・佐藤 知博・佐藤 弥生・新改 友章・曽川 稔・中川 宝星・永田 淳子・早水 琢也・本田 麻也・宮迫 賢太郎・太田黒 和彦・長野 研一・酒井 英俊・赤山 聖子・松岡 祥仁・江藤 寛・髙山 英一郎 各会員

アカウント取得には「正確な姓名の英字表記」と「ロータリーのデータベースに登録された、携帯アドレス以外のメールアカウント」が必須となります。
会員各位の中で、ご自身の「正確な姓名の英字表記」がご不明な方や登録済のメールアドレスがご不明な方、携帯メールアドレス以外のメールアカウントをお持ちでないかたがおられましたら、ご遠慮なく幹事または事務局あてにご一報ください。
(「携帯メールアドレス以外のメールアカウント」について、当クラブでは「gmail」のご利用を推奨します。 取得方法 https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=ja )



卓話:増えるゴミ屋敷、孤独死…遺品整理・特殊清掃の現場から教えられた「人とつながる大切さ」



江田 梢 会員
(2720 Japan O.K.ロータリーEクラブ:会員増強委員会 )


はじめまして。初心者ロータリアンの江田(えだ) 梢(こずえ)と申します。
この度ご縁があってロータリーEクラブに入会いたしました。まだまだロータリーについて知らないことの方が多く、ロータリアンの大先輩方に教えて頂きながらの日々です。不束者ですが、一生懸命ついていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。


まず簡単に自己紹介をさせて頂きますと、私は昭和63年7月15日生まれの岡山県倉敷市出身です。APU進学を機に大分へやって来て、そのまま大分が大好きになり(温泉・食べ物・お酒・九州男児(笑)etc…)かれこれ10年住んでおります。

大学卒業後、介護施設に勤務しており、縁があって転職した先が遺品整理事業を始めるということで、今の仕事に巡り会いました。そして、昨年1月に独立開業し、株式会社NICObitを立ち上げ、今日に至ります。

今回は私の仕事「遺品整理・特殊清掃業」から私自身が教えられた「人とつながる大切さ」を皆様と共有できればと思います。


遺品整理業・特殊清掃業とは?


「遺品整理」という言葉をテレビや雑誌等で見かける機会が多くなりました。皆さんも一度は聞いたことがあるかと思います。しかし「遺品整理業者」がどういったものかは知らない方が多いのではないでしょうか?

近年「核家族化」が進み、一つの屋根の下で暮らす家族の数が少なくなりました。また、子供が独立した際、地方から都会に出たりと、家族が遠く離れて暮らす事も当たり前になっています。
このような状況で、身内の誰かが亡くなった際、各地から葬儀の為に親族が集まるわけですが、遺族は仕事や家庭がある中で葬儀の為の時間は作れたが、遺品整理をする為の時間が確保できない、というケースが激増しております。
また、「少子高齢化」も進んでおり、遺族が皆高齢で、「大きな家財品などを運ぶ力仕事を伴う遺品整理は、体力的に厳しい」というケースも激増しております。

こうした遺族に代わり、遺品整理を行うのが、私達「遺品整理業者」の仕事です。「遺族に代わって」遺品整理をする為、本の間に何か挟まってないか、引き出しの奥に何か入っていないか、服のポケットに何か入っていないか、一つずつ丁寧に確認を行い、金品・貴重品・重要書類等の捜索はもちろん、故人の思い出の品物(写真・愛用品等)を見つけ出し、遺族にお渡しします。もちろん不要な家財品の搬出・処分も行うため、力仕事はもちろん、廃棄物の法令等を熟知して適切な処分等も行います。
中々ハードな仕事です。



少子高齢化・核家族化に加えて、最近の日本は「近隣とのつながりの希薄化」が進んでおります。ご近所さんどころか、隣の家に住んでいるのが誰かも知らない、というのは珍しいことではなくなりました。
こうした状況が招くのは、室内で事故・急病等で亡くなってもすぐには発見されず、異臭騒ぎ等で時間が経ってからようやく発見される「孤独死」です。
遺体が腐敗してしまった室内の状況は非常に凄惨なもので、倒れていた箇所には人型に体液や血液、皮膚や毛髪が残り、あっという間に髪や衣類に臭いが染みつくほどの強烈な腐乱臭が充満し、蛆やハエ、ゴキブリ等の害虫が大量に発生します。



警察の現場検証が終わってから私達特殊清掃業者が立ち入る為、遺体が室内にあることはないですが、それでも「どのような最期だったか」分かってしまう状況です。
こうした孤独死や自殺、事件現場等の「普通の清掃」では解決しない状況を、何事もなかったかのように原状回復するのが「特殊清掃」です。

長期間かけて床にしみ込んだ体液等はどんなに洗浄しても完全に取れることはない為、しばしば床の解体作業を行ったり、感染症のリスクを避けるため防毒マスクと防護服に身を包んで清掃や遺品整理を行ったり、遺品整理以上にハードな仕事です。
このような状態での作業を余儀なくされるため、特殊清掃時は食事やトイレもままならず、この時期は熱中症との戦いにもなります。
遺族に代わって、まさに「命がけ」の作業を行っています。



この仕事を続ける理由


遺品整理・特殊清掃、どちらも大変な仕事ですが、なぜ私がこの仕事を選んで続けているのか。それは、遺品を通して百人百様の人生を垣間見させていただく中で、どんな人生も尊いと気づかせてもらえたからです。自分の生き方が好きになれなかった私に、「これもありなんだ」と肯定できる心を与えてくれました。

私はこの仕事に誇りを持っており、大好きです。
どんな人生や最期だったとしても、「故人が生きぬいた人生を讃えてあげられるような遺品整理」を続けていきたいと思います。



予想外に身近な「ゴミ屋敷」「孤独死」問題


ゴミ屋敷や孤独死、テレビの向こうの遠いお話と思っている方はまだ多いのではないでしょうか。
実は大分県でも非常に身近な問題です。私の会社ではゴミ屋敷の片づけも行っている為、年々増加しているのを常々感じております。
床が見えないのは序の口で、膝の高さ程度のゴミの積もり具合はまだまだ「ライト級」です。酷いケースだと天井近くまでゴミが積みあがっている状態になります。住人はゴミ山の一部を均して寝床を確保しています。



恐ろしいのはゴミの中から大金や貴重品類がどんどん出てくることです。作業時にはゴミ袋に詰められた状態の物でもすべて開封して中身を確認しながらの作業になります。


この一見異なるゴミ屋敷問題と孤独死問題。重要な共通点があります。
それは「社会的孤立が引き金になっている」という点です。

失業・精神的不調・体調不良・セルフネグレクト(自己放任)・認知症…

軽度であってもこうしたものがきっかけで、自分と社会の関わりが途端に薄くなってしまい、そこから一気にゴミ屋敷化や孤独死のリスクが上がってしまうのです。

私が携わってきたゴミ屋敷や孤独死案件は、少なからずこうした社会的孤立に起因したものでした。ただでさえ近隣コミュニケーションの希薄化が進む中で、ほんの小さなきっかけで社会との繋がりまで失ってしまうと…。
実は電気や水道以外に、「人とのつながり」も重要なライフラインなのです。


少しの思いやりが人の命を助ける


ゴミ屋敷や孤独死の現場を見て感じてきたことがあります。
誰かが近くにいれば、誰かと繋がりがあれば、この人はゴミ屋敷にしていなかったかもしれない。命が助かっていたかもしれない。今日も笑って暮らしていたかもしれない。

そう思わずにはいられないような現場に、日々立ち向かっています。
これを読んで下さった皆様、明日からほんの少しだけ、負担にならない程度で大丈夫です。周りに孤立した方がいないかアンテナを張ってみて下さい。ご近所さんを見かけたら挨拶をしてあげてください。「今日も暑いですね」と声をかけてあげてください。
少しでも社会との繋がりを見つけることが出来れば、「助けて」と言える人が増えると思います。
これからの社会は「人とのつながり」も重要なライフラインなのです。

最後までお読みいただきありがとうございました。



閉会点鐘



メークアップ


メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


会員・メークアップの皆様へ(Eクラブ会員の方はログインページで必ずログインしてください


Eクラブ会員専用コメントへ


メークアップフォームへ


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 岩崎)

090-6424-9995