今週の例会

会員のみなさんは出欠を確認するため、このページに感想をコメントで残してください。
ログインはコチラのURLから必要事項を入力して行ってください。
パスワードはご自身で編集・削除などを行う際のものです。ご自身が確認出来るパスワードを自由に入力してください。

メークアップの方はメークアップの方法を確認し、例会に参加したあと、メークアップフォームに設問内容など必要事項をご記入して送信してください。

よろしくお願いします。


Eクラブ会員ログインはコチラ


メークアップの方法はコチラ


メークアップはコチラ


開会点鐘・歌の斉唱





会長の時間:「育てることで自らも学び、成長し、新しい発見や感動を分かち合える。」


私の趣味のひとつに、ガーデニングがあります。先週の木曜日の午前中にオフタイムがありましたので、久しぶりに庭に出てみました。秋植えの球根を植えなくては、それともそろそろ冬から春にかけての花苗がお花屋さんの店頭に並びはじめる頃かしら、と気持ちは弾みます。

けれど、庭のありさまを見て、まずとりかからなくてはならないのは除草作業でした。「雑草という名の植物はない」というのは昭和天皇のお言葉だったと思いつつ、しかし、秋の花を開きつつある薔薇やこれから花芽をつけ始めるクリスマスローズの根元などにはびこる雑草はやはり除去しなければ目的の植物の成長が悪くなってしまうのです。


夏の間にすっかり繁ってしまったえのころ草やオヒシバを抜いていきます。突然の襲撃に驚いたミミズや小さなヤスデが慌てふためいて掘り返された土の上を右往左往しています。この子たちは土を耕してくれる大切な生き物なので、放置しておきます。コミカンソウの裏には小さな種子がびっしり。これを放置しておくからどんどん増えるのだな、と感心してしまいます。

こうして草を取り除いていくと、思わぬ発見があります。月桂樹の株元に、ひこばえが紅くやわらかな新芽を付けています。こんな時期に?と驚きます。春に花を終えたカモミールの枝からやはり小さな新芽が芽吹いています。これはローマンカモミールだったのかと

思わず葉をつまんで、香りを確かめていると、背中の方から「カタカタカタ カタカタカタ・・・」と懐かしい音が聞こえてきました。振り返ると、オリーブの樹の幹をつつきながら登っていくコゲラの姿が見えました。いつもより早い時期のコゲラの到来に秋の深まりを感じます。



植物を育てていくのは、人を育てていくことと似ていると思いました。土を耕し、環境を整えて、陽をあて、丈夫に育てるために時には風雨にさらされることも大切です。育てることで自らも学び、成長し、新しい発見や感動を分かち合えます。

本日の卓話は別府北ローターアクトクラブの渡辺彩加さんがRYLA(Rotary Youth Leadership Award, 日本語では「青少年指導者育成プログラム」)についてのお話を寄せてくれています。私たちも、ぜひ、若いメンバーとともに育ち、成長していきたいものです。

また、今週は新たに中哲氏を仲間に迎えることができました。どうぞよろしくお願い致します。


出席報告


例会 第10回【通算第17回】 2017年9月11日正午~9月18日正午(出席数・出席率 9月18日11:30現在 )


修正
出席率
58 56 96.55% 0 96.55%

例会 第9回【通算第16回】 2017年9月4日正午~9月11日正午(出席数・出席率 9月18日11:30現在 )


修正
出席率
57 52 91.23% 0 91.23%

例会 第8回【通算第15回】 2017年8月28日正午~9月4日正午(出席数・出席率 9月11日正午 )


修正
出席率
56 49 87.50% 1 89.29%

幹事報告・委員会報告


幹事報告


2017-18年度 第10回例会にご出席いただいた会員の皆様およびメークアップ出席いただいた他クラブ会員の皆様に心よりお礼申し上げます。

<出席に関するお願い>
・ホームクラブ(OKEクラブ)例会に極力出席(例会ページを参照いただき、例会開催期間中にコメントしていただくこと)をお願いします。
・各例会への出席コメントで、各例会ごとの開催期間(月曜正午-翌月曜正午)以外のものは、出席カウントされませんのでご注意ください。
・万一、出席できなかった場合、2週間以内に他のクラブの例会に参加することでの「出席補填」(メークアップ)をお願いします。(前後2週間が補填可能期間です。具体的には、各例会の初日を基準として前後14日間となります。)
「メークアップ」は、例会場に集って開催される例会と、他のEクラブ例会のいずれでも結構です。メークアップ後、証明書を事務局( info@ok2720eclub.jp )あてお送りください。
 他のEクラブURL一覧(あすかRC資料)
・他クラブ(リアル例会、Eクラブ例会)へのメークアップ(出席補填)につきましては、通常の場合「有料」となりますので予めご承知おき願います。
・他クラブの例会にご参加いただく場合のクラブ名は、正式名称(2720JapanO.K.ロータリーEクラブ)で通知いただくようお願い申し上げます。
(事務局メールアドレス: info@ok2720eclub.jp )


<サポーターの地区別・クラブ別人数>


【お礼】
2017年9月17日現在、総数41名のクラブ外ロータリアンの皆様に「サポーター」となっていただきました。(前回報告8月27日現在対比 プラス1名)
心より感謝申し上げます。
【サポーター制度について】
当クラブにはサポーター制度があり、サポーターを随時募集中です。
サポーターの会費は年間(6月末までの年度毎)¥10,000(税込み)で、サポーターの方にはメークアップ証明書を無料で発行致します。
会員各位におかれましては、お知り合いのロータリアンに制度をご案内いただき、おひとりでも多くの方にサポーターとなっていただき、当クラブ運営に参画いただければと存じます。

【サポーター数】
(2017年9月17日現在)合計 41名


他地区計(4名)


地区 クラブ名 人数
2580 東京御苑 1
2740 佐賀 1
2700 行橋 1
2700 鳥栖 1

2720地区計(37名)


地区 クラブ名 人数
2720 熊本 1
2720 熊本東 1
2720 熊本北 1
2720 熊本城東 3
2720 熊本南 2
2720 熊本江南 1
2720 熊本西南 1
2720 熊本西 1
2720 熊本中央 1
2720 宇土 1
2720 人吉 1
2720 中津 1
2720 日田 2
2720 宇佐八幡 1
2720 宇佐2001 1
2720 別府 2
2720 日出 1
2720 大分臨海 3
2720 大分中央 2
2720 大分1985 2
2720 大分キャピタル 6
2720 竹田 1
2720 津久見 1

<理事会報告>


【臨時理事会 2017年9月10日オンライン付議】
ガバナー公式訪問日程について・・・承認
永田ガバナーをお迎えする公式訪問例会につき、10月22日 18:00より開催することにつき付議されました。(当日は、午前中の当クラブ事業に本日(9月10日)現在、14名の会員が参加予定となっており、同日夕刻の開催が最適との判断による付議。)

承認されましたので、お一人でも多くの会員に参画いただけますよう、お願い申し上げます。


<幹事からのご案内>

1.(継続案内)大分南RCより「大分南ロータリークラブ創立40周年記念式典及び祝賀会のご案内」が届いております。
 期 日:平成29年10月21日
 場 所:大分オアシスタワーホテル
 次 第:受付   13:30~
     記念講演 14:20~
     記念式典 16:00~
     祝賀会  17:00~
 登録料:10,000円
 締切 :9月20日
 2017_10_21_大分南RC40周年案内

<来信紹介>

1.2720地区 永田壮一ガバナーより「ガバナーノミニー推薦の依頼状」が届いております。
 依頼文_2019_20年度GN推薦の件

2.2720地区 髙山泰四郎ガバナーエレクトより「2018-2019年度 地区委員会 委員長・委員推薦のお願い」が届いております。(7月31日付け来信に関する再依頼)

 回答締切 9月25日(月)

 地区委員長・委員推薦依頼文 髙山年度

3.公益財団法人ロータリー米山記念奨学会より「★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 210号 ★  2017年9月13日発行」が届いております。

 ★ハイライトよねやま210号★2017年9月13日発行
 


<新会員のご紹介>
 中 哲 会員(熊本市在住)
 ※元 熊本東南RC、東京ピースウイングREC会員
 推薦者  :早水 琢也会員
 勤務先  :オフィスクマモト(株)代表取締役
 職業分類 :不動産賃貸管理
 所属委員会:奉仕プロジェクト委員会


幹事 早水琢也


今週のスマイルボックス


河野 坦司様(東京御苑ロータリークラブ) 3口
   * 9月11日例会にメークアップされた際、スマイルをいただきました。

「貴クラブでいつもメークアップさせていただいている御礼と深川芳子様のご入会を祝して、
些少ですがスマイルいたします。
ロータリーは、出会い、触れ合い、学びあい、と私は受け止めています。
毎週の卓話を楽しみにしています。」

尾林 邦生 会員 2口

〇今日(18日)は敬老の日、93歳になる母と元気に暮らせていることに感謝してスマイルします。(1口)
〇娘婿が全日本バスケットボール選手権2次ラウンド中津大会で監督兼選手として出場し、残念ながら四国電力に敗退しましたが、義父としてはアッパレをあげスマイルします。(1口)

片山  勇 会員  2口

先日母校の大分舞鶴高校に泥棒が入り新聞テレビ等で報道されましたが、弊社から寄贈した防犯カメラで見事検挙する事が出来、学校長よりお礼の連絡がありました。
翌日は大分放送(OBS)の取材を受け、大分県防犯設備士協会会長として取材を受け放映されました。

三女ありさと先日RYLAに参加させていただきました。
昨年の2720地区のRYLA、今年5月の2700地区に次いで3回目のRYLAです。
娘と同様非常に大きな学びの機会をいただきました。
又、駄文ではありますが今週の例会にて報告を娘がさせていただいておりますのでスマイルいたします。


マイロータリーの登録方法(継続掲載)


※目標としている「クラブ会員のうち 50%以上 の マイロータリーアカウント取得」が目前となりました。未登録の会員で要領がわからない方は、ご遠慮なく幹事または事務局あてお問い合わせください。※

Eクラブにて初めてロータリアンとなられた方々にマイロータリーの登録方法をご紹介いたします。マイロータリーにて国際ロータリーの理解をいっそう高めてください。
(9月17日7時現在) クラブ会員数:58名 My Rotaryアカウント登録者数:26名(44.83%)
安部 道弘・今長 学・上田 浩二・植山 朋代・衛藤 昂・尾林 邦生・親川 広志・片山 勇・薬真寺 哲也・久保田 努・佐藤 知博・佐藤 弥生・新改 友章・曽川 稔・中川 宝星・永田 淳子・早水 琢也・本田 麻也・宮迫 賢太郎・太田黒 和彦・長野 研一・酒井 英俊・赤山 聖子・松岡 祥仁・江藤 寛・髙山 英一郎 各会員

アカウント取得には「正確な姓名の英字表記」と「ロータリーのデータベースに登録された、携帯アドレス以外のメールアカウント」が必須となります。
会員各位の中で、ご自身の「正確な姓名の英字表記」がご不明な方や登録済のメールアドレスがご不明な方、携帯メールアドレス以外のメールアカウントをお持ちでないかたがおられましたら、ご遠慮なく幹事または事務局あてにご一報ください。
(「携帯メールアドレス以外のメールアカウント」について、当クラブでは「gmail」のご利用を推奨します。 取得方法 https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=ja )



セミナー報告:福岡中央RAC 片山 ありさ


福岡中央RACの片山 ありさです。
今年の4月からローターアクトに入ったのですが、わたしがローターアクトに入るきっかけのひとつが去年RYLAに参加したときにローターアクトの人たちと交流をしたことでした。
ローターアクトは18歳からしか入れないので、大学進学のため福岡に引っ越したタイミングで福岡中央RACに入会しました。


1日目はほめ達ことほめる教育アドバイザーの竹下幸喜先生による、リーダーシップを引き出すほめ達の極意について講演していただきました。ほめるとは、人・モノ・起きる出来事の価値を発見し伝えることであり、決して叱らないことではないということでした。注意するとき、人はつい悪い所にばかり目を向けてしまいがちですが、冷静になって視野を広げることで今まで見えなかった相手の良い所が見え、そこをほめながら悪かったところを具体的に説明することで相手も良い気分で受け入れることができます。またグループ討議では、普段当たり前に思っていることに感謝をするなど小さな意識から実践しようという話し合いをしました。

2日目はローターアクトのライラリアン(過去にRYLAを受講した人)の企画で模擬国連をしました。3人1組で1つの国となり、会議で実際に話す係と国の経済を管理する係、他国と自由に交渉する係に分かれチーム一丸となって自分の国を守ったり他国と協力して難民を救います。この模擬国連を通してどこの国がどんな状況かを推測し、どこの国と協力するかをグループ3人で考え意見をまとめるのが難しかったです。特にわたしのグループは留学生がいたので、難しいルールや単語をわかりやすく説明しながらお互いに助け合う必要があり大変でしたがコミュニケーション能力を向上させるための良い勉強となりました。



この2日間多くの出会いと学びがあり、とても有意義な時間を過ごすことができました。貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

一般社団法人日本ほめる達人協会公式サイト



卓話:RYLAを通じて学んだこと



渡辺 彩加 氏
(別府北ローターアクトクラブ所属 )


愛知県名古屋市(国際ロータリー第2760地区)出身です。
現在は別府にあります、立命館アジア太平洋大学の4年生です。青少年プログラム(青少年交換・RYLA・インターアクト・ローターアクト)にすべて参加させていただきました。今回はその中でもRYLAを通じて学んだことをお話しできればと思います。


私の参加した経歴をまずご紹介します。
青少年交換留学
 2010年5月〜2011年4月 オーストラリア派遣
 スポンサークラブ 第2760地区 名古屋大須ロータリークラブ
 ホストクラブ   第9560 地区 Rotary club Port of Mackay
 2011年〜  愛知青少年学友会(ROTEX)所属

インターアクトクラブ
 2011年〜2014年 名古屋インターアクトクラブ 会長 
 
RYLA (青少年指導者育成プログラム)
 2014年3月  第2760地区 RYLAセミナー受講
 2014年〜   RYLA学友会 Rainbow Corp 所属

ローターアクトクラブ
 2014年4月〜 第2720地区 別府北ローターアクトクラブ 所属

RYLA
 • 2014年 3月 D2760 RYLAセミナー 受講
 • 2015年 3月 D3220 スリランカRYLAセミナー 受講 
 • 2016年 6月 Young Leaders Summit (韓国)  参加
 • 2015年・2016年・2017年 D2760 RYLAセミナー ヤングカウンセラーとして勉強


RYLAとは?


RYLAはRotary Youth Leadership Award, 日本語では「青少年指導者育成プログラム」と呼ばれています。RYLAでは、一泊から三泊の研修を行います。プログラム内容は各地区異なりますが、その多くはテーマに沿ったグループディスカッションを行うなどして、リーダーシップを育成しています。


第2760地区 RYLAセミナー


第2760地区のRYLAセミナーは一泊二日で行われます。
参加者は高校生か30歳の方までで、年齢ごとに分科会に分かれ、6分科会、各分科会20~30名になります。開会式の後、ゲストの方のご講演を伺います。アイスブレーキングを経て、分科会ごとの話し合いの時間となります。

各分科会には、カウンセラーのロータリアンさん、またヤングカウンセラーのRYLA学友会が必ず付いています。カウンセラー、ヤングカウンセラーは基本的に話し合いには参加せず、困ったときに手助けをする役割となっています。二日目に朝には清掃活動等も行います。参加者は「リーダーとはなにか」をテーマに照らし合わせて議論をし、二日目に発表をします。



私が初めてRYLAセミナーに参加したのは、2014年、高校生の時でした。高校生のみの分科会ということもあり、うまく議論をまとめることも、妥協案を探す能力もなく、意見をぶつけ合うだけの「ディスカッション」が行われました。

「どうしてわかってくれないんだ」という感情をぶつけ合い、苦しくて涙がこぼれる子もいました。悔しい、苦しい、どうしようという感情が混ざり合う会でした。カウンセラーのロータリアンさん、ヤングカウンセラーの学友の方が、話し合いをまとめるサポートを務め、発表までこぎつけることができました。

みんなで参加できるものをと、「劇」で表す発表を行いました。方針が決まってからの短い間に脚本、大道具、演出を自分たちで考え、練習し、発表に臨みました。私たちの分科会が一番目の発表だったということもあり、緊張と興奮の中、劇を終えました。しかし、私たちにとっての本当のRYLAはここからはじまりました。

私たちの後は大学生の分科会、社会人の分科会の発表です。与えられたテーマは同じです。発表形式、発表内容のあまりの差に愕然としました。大学生の方は模造紙を使い、わかりやすく図で説明。社会人の方は分科会の中から代表者3名だけが舞台に上がり、何も持たず、言葉だけで説明。どれもわかりやすく、内容も濃く、とても衝撃を受けました。もがきながら作り上げた私たち自慢の劇は、あっさりと飛び越えられてしまったのです。

ずっと無言で各分科会の発表を見終わった後、誰からともなく、「すごかったね」と言い合い、RYLAセミナーは終了しました。様々な感情が入り混じる中、分科会の中に絆が生まれているのをはっきりと感じました。

自分たちが今持っている能力、他の分科会との差を強く感じました。仲間との達成感、悔しさの感情、また目指すべき姿を私はRYLAで学ぶことができました。セミナーが終わった後、ロータリーの方にご紹介いただき、RYLA学友会に入会することになりました。2015年度以降のRYLAセミナーにRYLA学友会として参加させていただいています。

学友会は、各分科会に割り振られ、アイスブレーキングや話し合いのお手伝いを行います。その他、セミナーのお手伝いを行います。毎年、話し合いやまとめ方、時間配分など試行錯誤しながら、分科会を担当させていただいています。RYLA委員会のロータリーの皆様に注意をしていただき、アドバイスをいただきつつ、多くを学んでいます。

今年のセミナーでも泣いてしまう子、リーダーとは何かに悩み夜遅くまで考え込んでしまう子、その子を支えたいと集まる子、意見を書き留めてまとめる子、さまざまなリーダーが誕生しました。たった一泊二日ではあります。しかしその一泊二日で、人生を変えるスパイスを発見して帰っていく子が多いことに毎年うれしさを感じます。まだ、初めてRYLAセミナーに参加した時みた、諸先輩がたのようにはなれていませんが、RYLAセミナーの運営を通じて学び、私もリーダーとして成長していきたいです。


第3220地区 スリランカ RYLA


2015年3月に第3220地区スリランカにてRYLAセミナーに日本人3人参加させていただきました。セミナーは二泊三日で行われました。第3220地区では年齢別に別日程で年に3回RYLAセミナーが行われます。私たちは大学生から社会人までが対象の回に参加しました。スリランカのRYLAセミナーに参加し、驚いたことが二つあります。



① 仕事、大学を休んでセミナーに参加
セミナーは金・土・日の日程でBandarawelaにておこなわれましたが、宿泊施設は山の奥にあり、車でなければ来られない場所です。スリランカ各地から何時間もかけてくるため、金曜日は朝から移動にかかります。それぞれ仕事、大学を休み、RYLAセミナーに参加していました。このRYLAセミナーに参加したいという熱意がとても伝わってきたと同時に、スリランカの人にとってRYLAセミナーに参加することの意味合いの大きさを感じました。


②「リーダーシップ」という言葉の持つ意味が異なる
「リーダーシップ」という言葉の持つ意味が日本とは異なることに気付き、とても驚きました。


RYLAセミナー日程
一日目:講義① 会食 カトラリーの使い方
    講義② リーダーシップに必要な誇りと自信の構築方法
二日目:朝 5:30から YOGAセッション
    講義③ 心の鍛え方・記憶力向上の方法
    講義④ 指導力 部下との付き合い方について
    屋外にて チームビルディングアクティビティ
三日目:朝 6:30から ランニング
    各グループ 発表


その他にも突然お題を出され、参加者全員でのディスカッションもありました。たとえば、「恋愛結婚か、お見合い結婚か」などです。
リーダーに求められていることは、体力、精神面での安定性でした。また、普段手で食事をしているスリランカでカトラリーの使い方の講座をしていたことがとても印象的でした。カトラリーを使う場面、外国の人との交渉や会食の場を想定しての講義でした。


Young Leaders Summit 韓国


2016年6月に韓国で行われた、Young Leaders Summit に参加しました。ロータリーの世界大会が行われている間、別会場で20歳から35歳の方を対象に行われました。参加資格はRYLArian、ローターアクター、ロータリアンです。ヨーロッパ、アメリカはもちろんアフリカ、オセアニアからも、世界中から参加者がいました。

一日目はロータリーが行っている6つの重点分野、(①平和と紛争予防/紛争解決・②疾病予防と治療・③水と衛生・④母子の健康・⑤基本的教育と識字率向上・⑥経済と地域社会の発展)に関連した講義を聞きました。二日目には、3kmウォークというチャリティーイベントに参加し、三日目にはDMZに行くツアーなどがありました。



各国の参加者の違いを間近で感じることができました。たとえば、音楽が流れだしたとき、座ったまま手拍子するのはアジア。その場で立って踊りだすのはヨーロッパの人たち。ステージのほうまで行って一緒に踊るのはアフリカの人たち。話し合いの場でも、積極的に前に出てその場を仕切ろうとするのはヨーロッパの方たちで、座ったまま意見を言うのはアジア、アフリカでした。その違いを感じ、見ることが出来、リーダーという言葉が世界でも大きく異なることがわかりました。


世界中から参加していた人と話をしていくうちに、各国のロータリーやローターアクトが行っている活動を知ることができました。日本国内で行っている活動とは異なっているものが多く、衝撃と感動いたしました。本当にその地域を、その国を何とかしようとして活動している気持ちを持っている人が多く、刺激をうけました。私も、負けていられないと思いました。


国際RYLAに参加して、各国のリーダーシップの定義の違い、各国の学ぶ意欲の違いを実際に感じることができました。また、参加したことにより世界中の人とのつながりを得ることもできました。今でも、SNSなどを通じて連絡を取り合っています。
またRYLAセミナー、国際RYLAに参加し、「理想のリーダーとは?」を常に考えるようになりました。それらは自分への課題であり、同時に自分のモチベーションへつながっています。
来年度もRYLAセミナーにヤングカウンセラーとして参加させていただく予定です。これからも「リーダー」について学び、理想のリーダーに近づけるよう、ロータリーさんのご指導の下、精進してまいります。


閉会点鐘



メークアップ


メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


会員・メークアップの皆様へ(Eクラブ会員の方はログインページで必ずログインしてください


Eクラブ会員専用コメントへ


メークアップフォームへ


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 岩崎)

090-6424-9995