今週の例会

会員のみなさんは出欠を確認するため、このページに感想をコメントで残してください。
ログインはコチラのURLから必要事項を入力して行ってください。
パスワードはご自身で編集・削除などを行う際のものです。ご自身が確認出来るパスワードを自由に入力してください。

メークアップの方はメークアップの方法を確認し、例会に参加したあと、メークアップフォームに設問内容など必要事項をご記入して送信してください。

よろしくお願いします。


Eクラブ会員ログインはコチラ


メークアップの方法はコチラ


メークアップはコチラ


開会点鐘・歌の斉唱





会長の時間:「人のために時間を使うということ。」


「いのちというのは、あなたが使える時間のことです。いのちという限られた時間をどう使うかは、めいめいに託された命題です。打ち込む仕事や楽しめる趣味をもつことももちろん大事です。けれど、人間にとって生きている実感を味わえる、一番充実した時間の過ごし方は、助けを求めている人のために自分の時間を使うことです。」
尊敬する日野原重明先生の、数ある名言の中で私がもっとも好きな言葉です。



「ボランティアをすることによって人から感謝されたり、メディアで取り上げられて有名になったりすることがあります。人のためとはいいながら、結局は自分のために、栄誉が欲しいからやっているのではないのでしょうか。」
という声を時々耳にします。実際に、有名になることや、栄誉のために奉仕をしている人もいることでしょう。逆に、そんなふうに思われるのが嫌だから、私はボランティアなんてしない、という知人もいます。

たとえボランティアをすることの目的が有名になることや栄誉のためであっても、そんなことはかまわない、と日野原先生は言います。実際に今困っている人や助けを必要としている人にとっては、目的が人助けであろうと栄誉であろうと、手を差し伸べてもらえること自体に大きな意味があるからです。人からどう思われるかを気にして何もしない人より、目的が何であれボランティアを実行している人の方が実際に何倍も人の役に立っています。


困難や心身の痛みを抱えた目の前にいる人に、自分の持っている時間をひととき差し出す。だれもがそういういのちの使い方ができるものです。だれかの役に立つということは、自分の存在そのものが生かされているということです。それは大きな喜びです。新しい人との繋がりも生まれます。もちろん、感謝だってされることでしょう。こんな素晴らしい時間の使い方がほかにあるでしょうか?「ひとのために時間をつかう」ことの素晴らしさを、たくさんの人に伝えていきたいものです。

私たちOKEクラブの設立記念「大分・熊本から国際平和を考える」を、今週末、22日の日曜に開催致します。世界平和や国際貢献、国際交流について学ぶ機会を多くの人と共有したいと、会員一同、懸命に準備を重ねています。地理的・時間的事情で直接協力をすることができない会員さんは、資料集めや集客というかたちでご協力くださっていることと思います。本当にありがとうございます。ひとりでもたくさんの方にお聞き頂きたいと思っております。ぜひ残りの6日間、引き続きお声かけをお願い申し上げます。


クリックすると申し込み用紙がダウンロードできます


本日の卓話は髙山英一郎さんです。23日の予定だったのですが、本日の卓話に不備が生じて事務局が困っているのを知り、急きょ予定を変更して準備して下さいました。お父様もロータリアンで、伯父様に当たられる髙山泰四郎氏は地区のガバナーエレクトでいらっしゃいます。奉仕の心が自然に育っていらっしゃるのだなぁ、と感じました。ご家業の活版印刷とロータリーのお話を、どうぞお楽しみください。


出席報告


例会 第13回【通算第20回】 2017年10月2日正午~10月9日正午(出席数・出席率 10月9日正午 )


修正
出席率
58 49 85.96% 0 85.96%

例会 第12回【通算第19回】 2017年9月25日正午~10月2日正午(出席数・出席率 10月9日正午 )


修正
出席率
59 51 87.93% 89.66%

例会 第11回【通算第18回】 2017年9月18日正午~9月25日正午(出席数・出席率 10月2日正午 )


修正
出席率
59 56 94.92% 0 94.92%

幹事報告・委員会報告


幹事報告


先週(10月9日~10月16日)は休会でした。皆様、いかがお過ごしだったでしょうか?
ロータリーの三つの義務について再掲します。
<義務1> 会費納入
<義務2> 例会出席
<義務3>「ロータリーの友」(ロータリー情報誌)購読
例会出席はロータリーの一員であるロータリアンに課された「義務」とされていますが、一方で、これを「権利」と解する考え方もあります。会費を納入しロータリー情報誌を購読することで「例会出席の権利」を得た上は、その権利を行使しないことは「勿体ない」ことといえます。
時と場所を特定して開催される例会であれば「時間的」「物理的」事情から欠席せざるを得ないこともあろうかとは存じますが、24時間×7日間=168時間にわたって例会出席の「1時間」が確保できない可能性は極めて低いといえますので、各人が「意志を持って」出席を心がけていただければ「100%出席」の継続は十分に可能といえます。
引き続き、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

<出席に関するお願い>
・ホームクラブ(OKEクラブ)例会に極力出席(例会ページを参照いただき、例会開催期間中にコメントしていただくこと)をお願いします。
・各例会への出席コメントで、各例会ごとの開催期間(月曜正午-翌月曜正午)以外のものは、出席カウントされませんのでご注意ください。
・万一、出席できなかった場合、2週間以内に他のクラブの例会に参加することでの「出席補填」(メークアップ)をお願いします。(前後2週間が補填可能期間です。具体的には、各例会の初日を基準として前後14日間となります。)

「メークアップ」は、例会場に集って開催される例会と、他のEクラブ例会のいずれでも結構です。メークアップ後、証明書を事務局( info@ok2720eclub.jp )あてお送りください。
 他のEクラブURL一覧(あすかRC資料)
・他クラブ(リアル例会、Eクラブ例会)へのメークアップ(出席補填)につきましては、通常の場合「有料」となりますので予めご承知おき願います。
・他クラブの例会にご参加いただく場合のクラブ名は、正式名称(2720JapanO.K.ロータリーEクラブ)で通知いただくようお願い申し上げます。
(事務局メールアドレス: info@ok2720eclub.jp )


<サポーターの地区別・クラブ別人数>


【お礼】
2017年10月15日現在、総数45名のクラブ外ロータリアンの皆様に「サポーター」となっていただきました。(前回報告10月1日現在対比 プラス1名)
心より感謝申し上げます。
【サポーター制度について】
当クラブにはサポーター制度があり、サポーターを随時募集中です。
サポーターの会費は年間(6月末までの年度毎)¥10,000(税込み)で、サポーターの方にはメークアップ証明書を無料で発行致します。
会員各位におかれましては、お知り合いのロータリアンに制度をご案内いただき、おひとりでも多くの方にサポーターとなっていただき、当クラブ運営に参画いただければと存じます。

【サポーター数】
(2017年10月15日現在)合計 45名


他地区計(4名)


地区 クラブ名 人数
2580 東京御苑 1
2740 佐賀 1
2700 行橋 1
2700 鳥栖 1

2720地区計(41名)


地区 クラブ名 人数
2720 熊本 1
2720 熊本東 1
2720 熊本北 1
2720 熊本城東 3
2720 熊本南 2
2720 熊本江南 1
2720 熊本西南 1
2720 熊本西 1
2720 熊本中央 1
2720 宇土 1
2720 人吉 1
2720 中津 1
2720 日田 2
2720 宇佐八幡
2720 宇佐2001 1
2720 別府 2
2720 日出 1
2720 大分臨海 3
2720 大分南 1
2720 大分中央 3
2720 大分1985 3
2720 大分キャピタル 6
2720 竹田 1
2720 津久見 1

<理事会報告>


【臨時理事会 10月11日付議】
新会員候補者(敬称略)
お名前 :木原 寿彦(きはら としひこ)
ご住所 :大分県大分市長浜町在住
勤務先 :エネフォレスト株式会社
役職  :代表取締役
業務内容:環境衛生機器製造販売
推薦者 :植山 朋代 会員
URL :http://www.eneforest.co.jp/company/

結果:承認


<幹事からのご案内>
1.(継続案内)当クラブ設立記念イベント「大分・熊本から国際平和を考える」(10月22日 午前 ホルトホール大分 大会議室)につき、お一人でも多くの会員に参画いただくことをお願い申し上げます。

 「公開イベント」としてFacebookに登録されておりますので、会員ご自身による出欠登録並びにお一人でも多くのご友人への招待および広くシェアいただくことをお願い申し上げます。
 
2.(継続案内)上記1.でご案内した記念事業実施日の夕刻、永田壮一ガバナーをお迎えする公式訪問例会(リアルミーティング)が開催されます。お一人でも多くの会員がご参画いただきますよう、お願い申し上げます。(Facebookのグループイベントが掲載されておりますので出欠回答をお願いします。)
 期 日 :平成29年10月22日
 場 所 :大分センチュリーホテル
 開始時刻:18:00

3.(継続案内)国際ロータリー第2720地区 大分第4グループ ガバナー補佐 古手川 哲 様より「IM(Intercity Meeting)開催のご案内」が届いております。
 大分第4G_2017_18_IM開催ご案内文書
 大分第4G_IM_プログラム
 日 時 平成29年 11月 25日(土)15:30~17:20
     受付開始 15:00~
     懇親会  18:00~19:30(会費5,000円)
 場 所 ホテル ザーズ 4F スカイホール
     (大分市都町3丁目2番24号)
 受講者 クラブ会長・幹事・副会長・社会奉仕委員会、国際奉仕委員会、ロータリー財団委員会関連の会員及び5年未満の会員の方は可能な限り義務出席でお願いします。
 申込期日 平成29年10月25日(水)必着

4.(登録者案内)大分市内9RCゴルフコンペ
 ゴルフ実施要領
 開催日 :平成29年11月3日(金)
 場 所 :大分竹中カントリークラブ TEL 097-597-3180
 スタート:AM 8:00 OUT・IN 同時スタート
 参加費 :¥5,000
 懇親会費:¥6,000
<登録者>
 ゴルフ&懇親会:片山、江田、後藤、佐藤(知)、早水 各会員
 ゴルフのみ  :薬真寺、都築 各会員
 懇親会のみ  :宮迫会員


<来信紹介>

1.国際ロータリ第2720地区ガバナー、青少年奉仕部門長、青少年交換委員長より「青少年交換説明会のご案内並びに募集要項の件」につき一部訂正案内が届いております。
 訂正箇所:青少年交換(短期交換)申込期限(正 2017年10月31日)
      青少年交換(長期交換)選考実施日(正 2017年11月4日)
  (黄色くマークされている部分が訂正箇所です)
 2018_2019_募集要綱(RID2720)_一部訂正

2.第6回日台ロータリー親善会親善大会準備会より「第6回日台ロータリー親善会議のご案内」が届いております。
 日 時:2018年3月1日~2日
 場 所:台湾 高雄市 漢来ホテル
 ①日台ロータリー親善会議案内 クラブ宛
 ②「日台ロータリー親善会議」登録申込書【クラブ用】
 ③「日台ロータリー親善会議」ベストサイズ対照表
 ④「日台ロータリー親善会議」オフィシャルツアー日程表(A~Eコース)
 ⑤「日台ロータリー親善会議」オフィシャルツアー参加申込書
 ⑥『Rの友2017年10月号』日台R親善会議記事

3.国際ロータリー第2720地区 大分第4G当番クラブ(大分キャピタルRC)幹事より「第2回 会長幹事会議事録」が届いております。
 大分第4G_会長幹事会議事録20171002

4.国際ロータリー第2720地区 職業奉仕部門長より「ご紹介・ご推薦のお願い」が届いております。
 内容:各クラブ会員で「ロータリーの目的に沿った企業経営」「四つのテスト」に照らした経営をされておられる方の紹介・推薦を依頼したい
 企業のご紹介ご推薦のお願い(H29

5.国際ロータリー第2720地区 米山記念奨学会 部門長より「米山記念奨学生の卓話に際して留意いただきたいこと」が届いております。
 
米山奨学生の卓話前にご確認を!


6.国際ロータリー第2720地区 会員増強部門長より「新進気鋭会員セミナーのご案内」が届いております。
 日 時:平成29年10月28日(土)
     12:30~16:30(受付開始 12:00) 
 場 所:熊本学園大学 第4号館
 新進気鋭会員セミナー案内

7.国際ロータリー第2720地区 職業奉仕部門長および社会・国際奉仕部門長より「職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕の合同フォーラムの式次第」が届いております。
 三部門合同フォーラム_次第

8.公益財団法人ロータリー米山記念奨学会より「★ハイライトよねやま211号★2017年10月12日発行」が届いております。
 ★ハイライトよねやま211号★2017年10月12日発行
 ::今月のトピックス::
  ------------------
  ・よねやま親善大使が大活躍 in 熊本・静岡
  ・寄付金速報 ― 50周年の米山月間にご協力を! ―
  ・50周年記念のネクタイ・スカーフ好評頒布中
  ・高校生との多文化交流! ― 東京米山友愛RC ―
 ★年末年始に開催される海外米山学友会総会のご案内
  韓国(11月18日) 台湾(12月2日) 中国(1月6日)

 ★御礼
 来年2月4日開催予定の財団設立50周年記念式典は、おかげさまで満席となりました。キャンセル待ちを含めて、すべての申込受付を終了しております。
 たくさんのお申し込みをいただき、心より感謝申し上げます。

 《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
50周年記念のネクタイ・スカーフ好評頒布中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財団設立50周年記念グッズとして制作したネクタイとスカーフ(いずれも2,500円、送料込)を好評頒布中です。
よねやまのシンボルマークをあしらったデザインですので、地区米山奨学委員会でお揃いのネクタイを着用したいと購入される地区もあります。
ネクタイには同布のポケットチーフがセットになっています。
ネクタイは各種500本、スカーフは100枚限定ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
お申し込み方法は、
①米山奨学会ホームページの50周年特設ページからWebで申し込む
②米山月間資料の50周年グッズご案内チラシをFAX
のいずれかです。

また、50周年記念誌(1冊1,800円、送料込)も、同ページから注文することができます。
皆さまからのご注文をお待ちしています!


幹事 早水琢也


今週のスマイルボックス


尾林 邦生 会員 3口

当社で働いてくれていたスリランカ出身のAPU2回生の彼女が、子供2人と
オーストラリアより1週間家にホームステイしてくれました。
孫達も国際交流出来ました事を感謝しスマイルします~。 1口

実行委員をつとめている、第19回・行橋~別府100キロウォークが今年も
無事に終えました。お手伝い頂いた延べ700名にも及ぶボランテァの皆様に
感謝してスマイルします。 2口

片山 勇 会員 1口

行橋〜別府100kmウォークに家内と友人と参加しました。過去一度完歩した事はありますが、今回はみんなで途中リタイア!
その後露天風呂で温泉入って、打ち上げして楽しい一日でした。
尾林会員、そうそうリタイアしてゴメンなさい(^ ^)
ボランティアのみなさん本当にありがとうございました。


卓話:私と活版印刷とロータリーについて



高山 英一郎 会員
(2720 Japan O.K.ロータリーEクラブ:公共イメージ 委員 )


自己紹介


みなさま、初めまして。大分市在住の高山英一郎と申します。この度はご縁をいただきまして、O.K.Eクラブに入会させて頂きました。私はロータリー歴がありまして、2014年から2年ほど日本ロータリーEクラブ2650に入会し、一度退会して、今年8月から当クラブでロータリアンとして復活させて頂きました。勉強不足ではありますが、出来ることからコツコツとさせて頂きますので、今後ともよろしくお願いいたします。

最初に自己紹介をさせて頂きますと、私は昭和54年7月4日生まれの大分県大分市出身です。久留米大学商学部を卒業し、学生時代はアイスホッケーばかりしておりまして、いまでも、冬季国体に出場する大分県代表のお手伝いと年数回プレーもしております。小学校の頃からサッカー、ラグビーをしておりまして、最近では運動不足になってしまっています。
大学卒業後は、2002年に高山活版社に入社し、2014年10月から代表取締役になりまして、毎日奮闘しています。


私とロータリー


私の父龍五郎が大分ロータリークラブ、伯父の泰四郎が大分1985ロータリークラブに所属しています。伯父は来年度の2720地区のガバナー就任予定で、本年はガバナーエレクトという役をさせて頂いております。

私がロータリークラブに入会した理由は、弊社2代目社長の道男(大分RCチャーターメンバー)と3代目であり祖父の虎三(大分RC)、4代目の伯父、5代目の父まで代々ロータリアンであり、RCが身近であったことと、24歳から30歳まで大分ローターアクトクラブに所属していましたので、いつか自分もロータリアンにと思っていました。

今はロータリーについて分からないことの方が多いのですが、毎月発刊されていますロータリーの友のRI会長(世界のロータリー全体の会長)の話を読むことが好きで、人としての成長の一部になると思っています。直接あって話せる方ではないかも知れませんが、こういった方と繋がりができることも、ロータリーの素晴らしいところだと思います。



ローターアクトでは、初めて異業種の方と繋がり、そこで様々な学びと体験とご縁をいただきました。活動を支援してくれていたロータリアンの方々には本当に感謝しております。
アクトでの約8年間で一生の付き合いをできる仲間と沢山出会え、そこで私は妻と知り合いましたので、ロータリーへの恩返しをしていこうと思っています。


自社紹介


弊社は1910年(明治43年)創業、現在107年目の大分市にあります印刷会社です。
主な取扱商品は、封筒、名刺、複写伝票、病院のカルテ、冊子などの事務用印刷物と、
結婚披露宴に関する印刷物(招待状、席次表、席札など)と、印刷と素材にこだわった活版印刷を活かした印刷物です。売上の比率は、事務用印刷物が6割と婚礼印刷物が3割、そのほかが1割となっています。



活版印刷とは


ところで、皆様は活版印刷をご存知でしょうか?活版印刷とは、活字を使う印刷のことで、鉛でできた文字を文字を一つずつ集め、組み合わせ、インキをつけて刷る印刷技術で、イメージとしては印鑑と同じです。15世紀半ばにドイツで発明された活版印刷は、火薬・羅針盤と並ぶルネサンスの三大発明ともいわれ、日本には16世紀に伝わったとされています。聖書を印刷するために開発されました。

ここ40年ほどは繊細で大量印刷ができるオフセット印刷が主流となり、時代と共に活版印刷は消えていきました。しかし、最近、デザイナーやクリエイターの間でアナログな風合いのある活版印刷が再び注目されています。
弊社は大分市都町で107年前に創業し、私の生まれた昭和54年に現在の大分市下郡に移転した際に、印刷技術もデジタルからアナログに変わる時代で、設備はオフセット印刷に切り替え、活版印刷に関する設備はほぼ手放してしまいました。

しかし、5年程前から「活版印刷できますか?活版印刷で名刺を印刷したいのですが」という問い合わせが増えてきました。その度に、もう活版印刷に関わる設備はないので出来ませんと対応を続けていましたが、ある時に、こうなったら名刺は印刷できるようにしようと、活版印刷機械を購入することにしました。ベテラン社員が試行錯誤しながら機械を回し始め、こうして弊社に活版印刷が再開されることになりました。活版印刷のこととなると、父も姉もベテラン社員も私も、ワクワク楽しくしているのに気がつきました。

今では活版印刷は自社の強みだと考えますが、再開した頃はそこまでは思えていませんでしたが、デザイナーさん達から機械見学のご依頼と、活版印刷による名刺のお仕事をいただけるようになり、あまりに会社見学が増えたので、社屋2階に活版印刷の道具や活字を集めた展示室を開きました。自社にわざわざ来たいとお客様が言ってくれるようになり、今まで考えたこともない状況に手応えを感じ始めました。

活版印刷を始めるまで、自社と業界に明るい未来があるのかと不安でしたが、活版でのご縁で人と繋がり広がる中で、自分のやりたいことも見えてきました。ベースにあるのは古き良き活版印刷の文化を継承することと、海外進出です。印刷技術でなく文化として印刷物を考えると、国籍を問わないと思います。
ちなみに創業時から旧社屋2階にもサロンがあり、2代目がクラシックのレコードコンサートを開くなど、文化交流の拠点があったので、そちらも復活となりました。



これから。。。


活版印刷の事業化の一つとして、2015年にはステーショナリーブランド『高山活版室』を立ち上げました。自社ブランドで印刷物を作ることなど考えたこともありませんでしたが、全国へ向けて少しずつ取扱店を増やし、京都を含め4県まで展開しています。

もう一つは、大分にゆかりのある大友宗麟公の研究をしていた創業者が残した書籍にあった『宗麟』という手書きの文字を活かした、一筆箋、便箋、封筒のセットも作りました。
オフセット印刷も活版印刷もできるという特色は、自分に自信を持たせてくれました。未来を創造して、ここにたどり着けたのは、創業者から代々の社長と社員のおかげです。

デジタル化が進みネットでなんでも買える便利な世の中に自分自身も便利だと感じていて、出来上がったモノだけを商品として見ていました。完成形だけを見て、その工程を想うことはあまりありませんでしたが、印刷物というモノが出来上がる工程を初めて発信することで、作り手の想いや背景や大変さを知りたいし、知ってほしいと思うようになりました。
自社にある知識と技術で、自社にしか出来ないモノを作ることが未来につながると信じて、進んでまいります。


最後まで読んでいただきまして、誠にありがとうございました。



閉会点鐘



メークアップ


メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


会員・メークアップの皆様へ(Eクラブ会員の方はログインページで必ずログインしてください


Eクラブ会員専用コメントへ


メークアップフォームへ


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 岩崎)

090-6424-9995