今週の例会


【【この例会のメークアップ受付は、終了しております。】】

会員のみなさんは出欠を確認するため、このページに感想をコメントで残してください。
ログインはコチラのURLから必要事項を入力して行ってください。
パスワードはご自身で編集・削除などを行う際のものです。ご自身が確認出来るパスワードを自由に入力してください。

メークアップの方はメークアップの方法を確認し、例会に参加したあと、メークアップフォームに設問内容など必要事項をご記入して送信してください。



開会点鐘・歌の斉唱


Eクラブ会員ログインはコチラ


メークアップの方法はコチラ


メークアップはコチラ





会長の時間:管理運営・職業奉仕合同セミナーに参加しました



7月14日(土)13時から16時30分までホルトホール大分で「管理運営・職業奉仕合同セミナー」がありました。我がクラブからは、本田麻也会員と私で参加をさせていただきました。本田会員は我がクラブを代表して地区委員として活動もしていただいております。ちなみに地区委員会の責務とは、


  • 地区目標の達成に向けてガバナー、ガバナーエレクト(次期ガバナー)、ガバナーノミニー(次々期ガバナー)、ガバナー補佐(ガバナーの代理として地区の運営をまかされている)と協力して活動する
  • 地区研修セミナーと地区大会への出席を奨励し、自らも出席する
  • クラブのリーダーにサポートと指針を提供し、クラブの強化を支援する
  • ロータリーの職員、ロータリー委員会、地区リーダー、地域リーダーから受け取った情報を、クラブのリーダーへ送る
  • クラブの成功例、課題、新しいアイデア、フィードバックを地区リーダーシップ(ガバナー、ガバナーエレクト、ガバナーノミニー、ガバナー補佐、地区委員から成る)、地域リーダー、ロータリー本部に伝える

以上が、地区委員の責務です。麻也会員、すごいですね。まったく頭が下がります。他にも我がクラブには、安部会員、植山会員、尾林会員、片山会員、高山会員、早水会員、薬真寺会員と実に8名のメンバーを地区委員会へ送り出しています。私たちの仲間は当クラブの中だけでなく、地区レベルでも大変活躍しているのですね。誇らしい限りです。


さて、今回のセミナーは外部講師をお招きして、「ひとりの活性化はクラブの活性化、コミュニケーション力の高め方」という表題で有限会社ファニーフェイスの山村先生にご講義いただきました。お話しの中で、私の心に残った事を分かりやすく箇条書きにします。



  • コミュニケーションは筋トレと同じ。基本を学び毎日それを実践することが大事
  • 自問自答で考えを深める。例えば、スケートの羽生結弦選手は自問自答しながら自分がなぜ優勝したいのかを深め、必ず優勝するという強い気持ちを作っているそうです
  • 自分の機嫌は自分でとる。感情と表情は深い相関関係にあり、表情で自分の機嫌を良い状態にすることができる
  • 脳の機嫌を上げることが未来思考を呼び寄せる。
  • 親が子供にまず顔立ちを与え(変えようのないもの)、次に顔つきを与える(変えることができるもの)
  • 今は「言って聞かせるから聴いて聴かせる」時代

等、みなさんにお伝えしたい内容が盛りだくさんでしたが、山村先生が一番伝えたかったのは、「コミュニケーションはスキルなので学ぶことができます。そしてコミュニケーションの目的は相手を動かす事。それは、伝えても動かす事ができなければ、それはコミュニケーションがとれている状態とは言えません。コミュニケーションをうまく使って、クラブの活性化に活かしてください。」と私は理解しました。


そして、講演のあと管理運営部会と職業奉仕部会に分かれて研修がありました。私は、今回職業奉仕部門の研修に参加しました。まず、倉田部門長が講習をしてくださり、その内容は、「ロータリーは親睦をもって奉仕の心をつくるのとその心の実践が基本である。職業奉仕は利己と利他の調和が大事で、売り手よし、買い手よし、世間よし(三方よしの精神)の考えで、職業倫理の研鑽、要するに業界団体の倫理向上も職業奉仕と言えます。そして、職業奉仕は有償交換で社会奉仕は自分の技術と労力を無償で提供する事です。それから、国際奉仕はその先が海外である事です。」とご説明くださりました。その後、グループごとに分かれ、職業奉仕についてディスカッションを行いました。デスカッションの中で聞いた他クラブの活動をご紹介します。


  • クラブ内で、「四つのテスト」https://my.rotary.org/ja/guiding-principles(「四つのテスト」を詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい)を社内に掲示するよう呼びかける活動をしている
  • 職場訪問例会を年2回行う
  • クラブメンバー以外で「四つのテスト」を実践している職場訪問を行う

等の活動を継続的に行っているようです。私たちも、私たちらしい職業奉仕委員会の形を作りたいですね。村田職業奉仕委員長期待しています(笑)

今回、とても職業奉仕に関する知識が深まりました。そして、外部講師による講演もクラブの活性化に役立つだけでなく、自社の運営にも役立つ貴重なお話しでした。参加は自由ですので、担当委員会でなくともロータリーのセミナーに参加する事をお勧めします。


大分第4グループ
ガバナー補佐メッセージ


大分第4グループ 
 ガバナー補佐  橋本 均 氏

国際ロータリー第2720地区 大分第4グループ ガバナー補佐の橋本均です。
本日は2018~2019年度の新ガバナー補佐として、貴クラブにご挨拶に伺いました。
まずは、今年度どうかよろしくお願い申し上げます。

1.自己紹介です

①氏名 橋本均
②生年月日 1950年11月15日生まれ 67歳
③所属クラブ 大分RC
④ロータリー歴 20年
⑤職業分類 観光事業(水族館うみたまご経営)
⑥ロータリーでの経歴
 ロータリー歴20年のうち、前半の10年は、地区の副幹事や学友委員会の委員長、青少年交換委員等を経験しました。後半の10年は2回目の地区副幹事以外は、地区の役割から遠ざかっていたのですが、その間、クラブの会長を2回経験しました(大分RCでは会長を2回以上経験した会員は六十数年ぶりだそうです)。
  ・・・という事で、久しぶりの地区役員ですが、一旦指名されたからには一生懸命やる覚悟ですので、皆様方の今年度のご支援をよろしくお願い申し上げます。

2.ガバナー公式訪問のお願いです。それに関して・・・

①7月23日に12:30から大分臨海RCと合同例会の後13:50から、会長・幹事懇談会が予定されています。今、地区では長期戦略計画が大きなテーマになっています。自分のクラブの将来の在り方をみんなで考えて、それに向かって長期的な目標をもって、継続してクラブを発展させていこうという計画ですが、これを実行するにはクラブの戦略を年度を超えて継続する必要があります。従って現在のリーダー(会長・幹事)のみならず将来のリーダー(会長エレクト・幹事エレクト)もご参加願います。
②貴クラブからの地区の副幹事が書記として同席願います
③例会の場で、高山ガバナーのお考え(ガバナーアドレス)を聞いてください。
今のRI2720地区は、組織としては出来上がってきています。ただしこれは組織(入れ物)ができてきただけと考えてください。地区組織は奉仕活動に対しての支援とロータリアンの研修の場です。あくまでも、ロータリーはRIとクラブとロータリアンが中心です。従って、活動の中身である、ロータリアンとしての心の醸成と、奉仕の実践をするためにも、RIからの指導者の立場であるガバナーの意思を直接に十分に聞いてほしいと思います。
④訪問の記念として、クラブバナーをガバナーにお渡しください。  

3.IMのお願いです

IM(インターシティミーティング)を来年1月26日(土)にソレイユで実施します。これはあくまでも新人研修ではなく、いわば第4グループ全体の研修会的イメージで行いますのでぜひ多数ご参加願います。また、8月にはテーマを決定しようと思いますが、運営、テーマ等にご意見、希望があればお聞かせください。

以上、今回は、就任挨拶とお願いで参りました。次はガバナーの公式訪問に同行してまいりますが、そのあとは年末か年始にIMのお願いで訪問させていただく予定です。その折には貴クラブへの我々の感想や期待も延べたいと思います。
いずれにしましても、今年度よろしくお願いします。


出席報告


仮集計時刻は月曜日09:30の時点での数値です。早めの出席をお願い申し上げます。


例会 第3回【通算第58回】 2018年07月16日正午~07月23日正午(出席数・出席率 07月23日
正午)


修正
出席率
61 61 58 95.08% 0 95.08%

例会 第2回【通算第57回】 2018年07月09日正午~07月16日正午(出席数・出席率 07月23日
正午)


修正
出席率
61 61 59 96.72% 0 96.72%

例会 第1回【通算第56回】 2018年07月02日正午~07月09日正午(出席数・出席率 07月16日
正午)


修正
出席率
61 61 55 90.16% 0 90.16%

幹事報告・委員会報告


幹事報告


我がクラブ初となる合同例会は、私たちのスポンサークラブでもある大分臨海ロータリークラブ様と行います。例会は、「ガバナー公式訪問」として、7月23日(月)12時30分から1時間行われます。
私達の通常例会はインターネット上ですので、実際にリアルで開催する事は貴重です。「ガバナーアドレス」の様子は、30日の例会の会員専用ページにて報告致しますのでご確認ください。

 さて、会長の時間にもありましたが、地区には地区委員会があり地区としての研修会があります。リアル開催の場は、ロータリーの素晴らしさ、楽しさを肌で感じる事ができる貴重な機会です。ぜひ、橋本ガバナー補佐から紹介を頂きましたIM【来年1月26日(土)】にも、今すぐスケジュールに書き込み積極的なご参加を願う次第です。


7月8日の「クラブフォーラム」。今週は
1.各委員会より「出席委員会、リアル交流の促進」 片山副会長
2.各委員会より「親睦委員会、各エリアで盛り上がろう。」宮迫会長

新人過ぎる幹事佐藤が、諸先輩方から頂いた「言葉」「寛容の精神」を
少しでもシェアしたく試みております。ご覧ください。

=================
1.各委員会より「出席委員会、リアル交流の促進」 片山副会長
質問:会員同士の温度差を感じる。→片山副会長「みんなで声をかけ、1人ひとりが出来る事を考える。みんなが仲間という意識を持ってもらえたら…。」



==================
2.各委員会より「親睦委員会、各エリアで盛り上がろう。」宮迫会長 
各地で会える機会を作り盛りあがろうよ。同好会なども立ち上げていき、様々な切り口でリアルコミュニケーションを推進しましょう。



幹事 佐藤知博


<サポーターの地区別・クラブ別人数>


【お礼】
2018年7月22日現在、総数46名のクラブ外ロータリアンの皆様に「サポーター」となっていただきました。
心より感謝申し上げます。

【サポーター制度について】
当クラブにはサポーター制度があり、サポーターを随時募集中です。
サポーターの会費は年間(6月末までの年度毎)¥10,000(税込み)(※)で、サポーターの方にはメークアップ証明書を無料で発行致します。
会員各位におかれましては、お知り合いのロータリアンに制度をご案内いただき、おひとりでも多くの方にサポーターとなっていただき、当クラブ運営に参画いただければと存じます。

【サポーター数】
(2018年7月22日現在)合計 46名


他地区計(5名)


地区 クラブ名 人数
3350 バンコク スリウォン 1
2580 東京御苑 1
2750 東京世田谷 1
2740 佐賀 1
2740 唐津中央 1

2720地区計(41名)


地区 クラブ名 人数
2720 熊本菊南 1
2720 熊本 1
2720 熊本東 3
2720 熊本城東 3
2720 熊本西南 1
2720 熊本西稜 1
2720 人吉 1
2720 中津 3
2720 日田
2720 玖珠
2720 宇佐2001 3
2720 大分臨海 8
2720 大分南
2720 大分中央 5
2720 大分1985
2720 大分キャピタル
2720 津久見 1

<理事会報告>


6月理事会
【6月度臨時理事会】
1.理事会機能の一部として、フェイスブック上で新年度理事会グループを作成している。
年度が変わった際、新年度理事を追加して前年度理事は退席し、グループを存続させる。
→承認

2.ガバナー公式訪問の際、zoom等を用いて遠隔地参加を試みる。
→承認
3.マクマホン洋子会員の職業分類を本人から希望あり「英語教育・人材育成」から、「心理カウンセラー」に変更する。
→承認

4.バナーのデザイン案を承認し、23日のガバナー公式訪問の際にご披露する。
→承認


<幹事からのご案内>

1.セミナー日程のお知らせ。
  ※会員専用FBグループにイベントを作成していますので参加表明をお願いします。
 ①地区職業奉仕セミナー(大分)2018年9月22日(土)比較的入会歴新しい会員と希望者
 ②地区職業奉仕セミナー(熊本)2018年9月29日(土)比較的入会歴新しい会員と希望者
 ③職業奉仕を深める記念大会(大分)2018年12月2日(日)渡辺好政元RI理事をお迎えして職業奉仕を深める記念大会  定員150名(先着順)

3.国際ロータリー第2720地区 第34回インターアクトクラブ年次大会
 IAC年次大会ご案内(RC様)
→インターアクト生14名とロータリアン3名(早水会員 薬真寺会員 植山会員)登録
日 時  :2018年 7月28日(土)~29日(日)

4.米山記念奨学部門セミナー:大分開催 
日時:平成30年8月4日(土)13:30~16:00
場所:ホルトホール大分 →宮迫会長、尾林R財団委員長、片山地区委員 3名登録


<来信紹介>
1.ハイライトよねやま
2.IAC台湾研修申請→すでに申請済み
3.地区より 広報 青少年奉仕部門合同セミナー案内
  同セミナープログラム
4.公式訪問報告投稿→本URLへ訪問後投稿予定/


委員会報告


< 監査報告 >

監査報告  2017~18年度 会計監査 足立 知弘


ファイルを開く

※ 出席率100%会員 ※


2018年6月で 1年になります「出席率100%会員」につき 会員専用サイトにてご確認ください。
(7月のお祝いページにて掲載しています)
https://ok2720eclub.jp/member/


今週のスマイルボックス


♡ 大分第4グループ会長お疲れ様(前年度)の参加者ご一同様(植山 朋代 会員)

大分第4グループ会長お疲れ様の参加者のみなさまから、会費のお釣3000円をスマイルとして頂きました。ありがとうございました❗



♡ 村田 武 会員  1口

前田さんが毎回出席を促進のアップされていらっしゃるので…
日々の生活に追われていると、ついつい忘れてしまう(ホントに!)例会コメント。自分もギリギリでコメントしたこと数知れず
自戒の意味と、コメントが早く集まればいいなぁと思いつつ…
そんな意味でのスマイルです☺️

♡ 片山 勇 会員  1口

福岡中央RACに所属してます三女ありさが週末フィリピンマニラで行われた、Asia Pacific Regional Rotaract Conferenceに参加してRI会長の話を生で聴いてきました。
英語が得意でないので中身は殆ど分からないらしいですが!?
http://aprrc2018.org/about/

♡ 有志一同  500円

有志一同より 記念品を贈呈。残金をスマイルいたします。


会員卓話:投資テーマ ESG投資とSDGs



太田黒 和彦 会員
(2720 Japan O.K. ロータリーEクラブ
会員増強 ロータリー情報 職業分類委員・
日の出証券株式会社八尾支店副支店長)


皆様こんにちは。日の出証券株式会社 八尾支店副支店長の太田黒和彦と申します。
今回卓話をさせていただく機会を与えていただき、ありがとうございます。


自己紹介


まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。

生まれは熊本県の北部に位置する山鹿市です。平成2年に福岡大学商学部を卒業し、日の出証券に入社しました。
入社以来、証券営業に28年ほど携わって参りました。ちなみに転勤も多く、千葉、東京、大阪、宮崎、和歌山、大分と移り住み、現在は大阪市のあべのハルカスの近くに居を構えております。


投資の現状


さて皆様は投資に対してどのようなお考えをお持ちでしょうか?

平成28事務年度金融レポートの中の家計金融資産の日米比較データによると、我が国の家計金融資産の伸びは過去20年間で1.54倍に対して米国は3.32倍となっています。これは米国と我が国では、家計金融資産の構成比に大きな差(米国は金融資産の46.2%が株式・投資信託であるのに対し、我が国は51.7%が現預金である)があること、また米国は401(k)やIRA(企業型確定拠出年金、個人向け確定拠出年金)の普及活動により資産の分散を後押ししてきた結果だと分析されています。

ご存知のように現在我が国は異常な低金利が続いており、金融庁としても家計の安定的な資産形成に向け、長期・積立・分散投資の普及・定着を促していく必要があると考えています。NISAやiDeCoが出来た背景もここにあります。投資には資産を減らしてしまうリスクもあります。あくまで自己責任で行うわけですからわからないものに手を出すべきではありません。そこで今回は投資を考える上で参考になればと思い、最近の投資テーマについてお話させていただきたいと思います。



ESG投資


株式投資のテーマは、その時代背景とともに変わっていきます。直近ではロボット、AI(人工知能)、IoT、フィンテック、ブロックチェーン等のワードをよく目にされるとが多いと思います。今回はESG投資とSDGsというキーワードについてお話ししたいと思います。

ESG投資とは、環境(Environment)、社会(Social)、統治(Governance)の頭文字をとった造語で、これらを基準に企業活動を分析し、投資することです。具体的には地球温暖化対策や省エネに取り組んでいる企業、女性活躍の推進やワークライフバランスの取り組みに積極的な企業、社外取締役の設置、法令順守を重視している企業などに投資することです。業績だけでなくこの様な問題に積極的に取り組む企業に投資する一方そうでない企業からは資金を引き揚げるといった投資行動ですが、ESGに前向きな会社は経営上のリスクを抑えやすく、持続的な成長が期待されるといったことが理由です。もともと2006年に国連が機関投資家に責任ある投資を呼びかけた(責任投資原則)ことがきっかけとなっています。

日本でも公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2017年にESG投資を始めたことで関心が高まっています。(7月6日に2017年度の運用実績を発表、約10兆800億円の運用益がでたとのことですが、ESG企業に絞った投資には1.5兆円を投資したようです。)

今この流れが、株主優待制度にも及んでおり、自社製品や金券の配布以外に相当額を寄付する選択肢を加える企業が増えてきています。社会貢献型の株主優待を導入する企業が100社を超えさらに増えそうです。


SDGs


もう一つのテーマは、SDGs(SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS)です。

国連は持続可能な開発のための2030アジェンダ(行動計画)を2015年9月に採択し、先進国を含む国際社会全体の持続可能な開発目標(SDGs エスディージーズ)として、2030年を期限とする17の目標と169のターゲットを定め、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処するための取り組みを進めています。それを受けて日本証券業協会は、平成30年3月22日、次の4つのSDGs宣言をしました。



  1. 貧困、飢餓をなくし地球環境を守る取り組み。証券市場が有する資金調達・供給機能等を通じて、社会課題の解決を目指します。
  2. 働き方改革そして女性活躍支援を図る取り組み。ワーク・ライフ・バランスの推進等を通じて、働きがいのある職場づくりを目指します。
  3. 社会的弱者への教育支援に関する取り組み。様々な環境に置かれている子ども達への支援を通じて、あらゆる機会を平等に与えられる社会の実現を目指します。
  4. SDGsの認知度及び理解度の向上に関する取り組み。本協会及び会員証券会社の役職員のSDGsに関する当事者意識を高めるとともに、国内外におけるSDGsに対する認知度及び理解度の向上を目指します。


お金をうまく循環させることで明るい未来社会を作る


これらの流れを見ていくと2つのテーマはつながっていて、お金をうまく循環させることで明るい未来社会を作っていこうというものだと思います。企業にとっては社会貢献の一面もあり、また投資家にとってはそのような取り組みをしている企業を応援するといった、意味のある投資を考える方が増えてきているのではないでしょうか。

最後になりますが、投資に関しては金融リテラシーといった言葉も出てきているように、ある程度の知識が必要不可欠です。やはり自分の頭で考え、投資判断することが何よりも大事だと思います。今はあらゆる情報が簡単に手に入り、情報格差はほとんどなくなっている時代です。資産運用の世界ではプロと素人との差は運用結果から判断すればどちらともいえないことも起こりえます。他人の意見はあくまでも参考にして投資をしていきましょう。最後までお付き合いいただきありがとうございました。


閉会点鐘



メークアップ


メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


会員・メークアップの皆様へ(Eクラブ会員の方はログインページで必ずログインしてください


Eクラブ会員専用コメント


メークアップフォーム


サポーター専用メークアップフォーム


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 岩崎)

090-6424-9995