今週の例会



【【 この例会のメークアップ受付は 終了しています 】】


メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


Eクラブ会員ログインはコチラ


メークアップの方法はコチラ


メークアップはコチラ


開会点鐘・歌の斉唱





会長の時間:ロータリーを「学び」「好きになり」「楽しもう」



今回の例会は 2019-20年度の当クラブ初回(第1回)であるとともに、2017年5月15日に開催された最初の例会から数えて、記念すべき通算第100回の例会であります。
通算回数が三桁になったことを慶ぶとともに、自身が会長に就任して最初に開催される例会が通算回数にして記念すべき数字となったことに深い感慨を覚えます。

2720 Japan O.K.ロータリーEクラブ(OKEクラブ)の皆様、国際ロータリー第2720地区内外のすべてのロータリアンをはじめとした当ウェブサイトをご訪問のすべての皆様、当クラブ第3代会長を務めさせていただくこととなりました。

今年度の国際ロータリー会長であるマーク・ダニエル・マローニー氏が示された年度テーマは「ロータリーは世界をつなぐ」であり、 瀧満ガバナーが示された地区スローガンは「『さあ、ロータリーの大海へ漕ぎ出そう』”私たちのクラブから将来の地区ガバナーを・・・”」です。


いずれもロータリーの中核的価値観(・奉仕 (Service)・親睦 (Fellowship)・多様性 (Diversity)・高潔性 (Integrity)・リーダーシップ (Leadership))への理解を深めることにより,ロータリーの素晴らしさを感じ取り,奉仕の実践に行動して欲しいという思いを込めたものですが、不可欠な概念として「つながり」を重要視したものとなっています。

ロータリーが1905年の設立以来、110年以上の長きにわたり継続していること、全世界の多くの国々にいる120万人もの会員で構成されていることの明確な理由は、脈々と流れる「ロータリーの理念」にあることは間違いありません。

ロータリーのルーツは「親睦」であり、その後、これを補強する理念として「奉仕」の発想が加わりました。「親睦」と「奉仕」を両輪として運営されるロータリーに親しむためには「学び」と「参画」が不可欠と考えます。

そうした意味から、年度のクラブスローガンを「ロータリーに親しもう!」とさせていただきました。当クラブは、設立3年目の「若い」クラブではありますが初年度の植山会長が「ホップ」され2年目の宮迫会長が「ステップ」されましたので3年目の「ジャンプ」で一層発展させることを目指したいところです。当クラブは設立間もなくインターアクトクラブを提唱し、「国連デー」「国際交流デー」などのイベントも成功させています。更に「米山記念奨学生」の世話クラブも引き受けました。皆様ご存知の通り、既に「従来型のクラブ」と「Eクラブ」の垣根はなくなっており、全てのクラブが「オフライン」「オンライン」の両方を駆使した例会を開催できる規定となっています。当クラブの活動をより一層充実させるために精一杯取り組みたいと思いますので各位のご協力をお願い申し上げます。

改めまして少しだけ自己紹介をさせていただきます。

 氏 名 :早水琢也(はやみ たくや)
 会員歴 :10年10か月
 職業分類:損害保険
 出身地 :鹿児島県阿久根市
 干 支 :辰
 星 座 :おうし座
 九 星 :九紫火星
 誕生石 :エメラルド  

私がロータリーに入会したのは2008年8月のことでした。
1987年に大学を卒業後、21年にわたるサラリーマン生活に終止符を打った際、お二人の方から誘われて入会したものです。そのお二人とは、当時の勤務先であった保険会社で顧問をされていた弁護士さんと税理士さんで、共に同じクラブ(大分中央ロータリークラブ)の会員でした。
大分中央ロータリークラブに入会したことで、サラリーマンであればお会いしたりお話したりすることのない多くの方々と出会うことができました。自身にとって社会人生活22年目での独立は不安に満ちたものでしたが、「ロータリーに支えられて」何とかなったものと思い大変感謝しています。


 同クラブでは2010-11年度に幹事を経験させていただき、同じ年度に2720地区から米国およびカナダの6330地区との間で実施されたGSE( Global Study Exchange=ロータリーのプログラムとしては既に終了しており、現在はVTT(Vocational Training Team)として類似のプログラムが運用されています)で、日本からの訪問団(男性2名、女性2名)を引率する「団長」として6週間にわたり先方地区を訪問させていただく機会をいただきました。
 その後は、クラブからの推挙を受け、地区委員として様々な委員会で2720地区運営にも関わらせていただきました。その後、2017年5月に当クラブが設立された際に、当クラブ設立メンバー(チャーターメンバー)の一人となるべくクラブを移籍させていただきました。
 移籍後は、2017-18年度の植山朋代初代会長の下、幹事を務めさせていただきました。ロータリー歴にして12年目に、いよいよ会長の重責を担うこととなり、非常に緊張しています。


 さて、話は変わりますが、先日(2019年6月23日(日曜日))、宮崎県都城市のメインホテルで開催されました 国際ロータリー第2730地区 2730ジャパンカレントロータリーEクラブ創立5周年記念式典に参加してきました。
 同クラブは2014年6月23日に認証された九州で最初の「Eクラブ」であり、当クラブ設立時にクラブ設立に際しての貴重なアドバイスを数多く賜った「先輩クラブ」であります。

 記念式典内で受講した「記念講演」は、同クラブの設立時「特別代表」(※ https://sites.google.com/site/rotary100jiten/yougo-shuu/sa-kudari-1/to/tokubetsu-daihyou )を務められた同地区パストガバナーである長峯 基 様を講師とするもので「論語に学ぶ」というタイトルでした。内容は孔子による「論語」の教えの中から抜粋された14項目について大変わかりやすい解説でしたが、特に印象深かったものをご紹介します。



子曰く、
之を知る者は、之を好む者に如かず。
之を好む者は、之を楽しむ者に如かず。


(現代語訳)
「理解している」ということは「好きだ」ということにはかなわない。「好きだ」ということは「楽しむこと、満足していること」にはかなわない


上記の現代語訳を自分なりに解釈しました。「知る」「好む」「楽しむ」は「レベルアップ」を表すのではないかと思います。仕事にしても何にしても、十分に「知る」(関心を持って学び理解する)ことで、そのことを「好む」(好きになる、好意を持つ)ことができるようになる。そして、好きになったら、そのことを「楽しむ」ことができるようになる、ということで、さしずめロータリーに関しても最終的に「楽しむ」ためには、十分に「学んで」「好きになって」いく必要があることを感じました。

ロータリーを 学び 好きになり 楽しもうではありませんか!

会長の時間を終わります。


出席報告


例会 第44回【通算第99回】 2019年6月24日正午~7月1日正午(出席数・出席率 7月1日正午)


62 62 61 98.39%

例会 第43回【通算第98回】 2019年6月17日正午~6月24日正午(出席数・出席率 6月24日正午)


62 62 56 90.32%

幹事報告


幹事報告
(1)挨拶
(2)報告
(3)報告来信紹介
(4)各種行事のご案内
(5)理事会報告


《挨 拶》



 今週より新年度が始まりました。皆様と共にロータリー活動を行っていくために、新幹事として尽力致しますと共に、皆様からの様々なご意見を頂戴しながら、早水会長を下から支えて参りたいと考えています。スタートから不慣れな点があろうかと思いますが、温かな目で見て頂き、この一年間をどうぞ宜しくお願い致します。
 
まだ直接お会いしていない会員の方々に、どんな風貌の者が新幹事になっているのか、イメージして頂けるように写真を載せました。どうぞ宜しく御願い致します。

幹事 久保田 努


《報 告》


〜例会の出席について〜
例会はどのタイミングで参加なさっていますか?
私は土曜日の空き時間に、お茶を片手に、皆さまの例会出席のコメントを熟読しながら、参加させていただいています。
会長の時間ではロータリーに関わる様々な気付きを勉強させていただき、卓話では様々な事柄を教えていただき、会員の皆さまのコメントでは私には無い発想を参考にさせていただいています。

ロータリアンは例会への出席義務があるのなら、ネガティブに出席しても楽しくありません。ポジティブに出席できるように皆さま自身で例会に何かを見つけてみてください。
私は上記に書いた通り、皆様の考え方や気付き非常に勉強になっているので、参加することが楽しみです。

リアルに会えなくても、会員方々の考え方や人となりがこの例会で知れるのは、勝手に親近感が湧いてしまい、仲間意識(人生のパートナー)が深まっていくように感じています。

今年も楽しく例会に参加致しましょう。


《来信紹介》


≪2019年度規定審議会≫
・人頭分担金の増額(2019-2020年度68ドル)
・欠席のメークアップに関する規定改正(前後2週間⇒年度内)
・クラブ内の職業分類廃止規定の改正(同職業の制限削除)
・その他(RI理事会の任務改正、事務総長は国際ロータリーの最高経営責任者の規定など)
 規定審議会に関する報告
  
≪第1回 大分市内 9RC会長幹事会 議事録≫
・岩崎ガバナー補佐よりガバナー公式訪問について
・市内9RC新春合同例会について
・市内9RC 親睦ゴルフ大会について
・外部卓話者への記念品、交通費について
・IM について
 2019-20年度会長幹事会議事録 2

《日本のロータリー100周年記念ピンバッジ 頒布についてご協力のお願い》
 ピンバッジ頒布のお願い 各クラブ
  100周年記念ピンバッジの頒布についてご協力のお願い
 【申込書】日本のロータリー100周年記念ピンバッジ
 

《大分市内9RC合同ロータリーデー開催の御礼》
 ★大分市内9RCお礼状
 ★IA・RA・米山お礼状
 ロータリーデー収支報告

《2730 ジャパンカレントロータリーEクラブより創立5周年式典の御礼》


《各種行事のご案内》


《青少年奉仕セミナー》
 大分会場
 日 付:7月13日(土)13:00~16:00(12:30受付開始)
 場 所:ホルトホール大分 303号(大分市金池南1丁目5−1) 
 登録者:早水会長、薬真寺青少年奉仕委員長
 190617青少年奉仕合同セミナー案内
 190617青少年奉仕セミナープログラム

《米山夏季合宿》
 日 付:7月20日(土)~21日(日)
 場 所:住吉浜リゾートパーク
 登録者:米山奨学生 グェン フィー ロンさん 尾林会員 片山会員 早水会員 スチッタ会員 
 米山奨学生 夏季研修ご案内
 
《インターアクト年次大会》
 日  時 : 7 月 27 日(土)~ 7 月 28 日(日)
 場  所 : 八代市鏡文化センタ-・文化ホール
 登録者:インターアクト生 5名 早水会長 薬真寺青少年奉仕委員長

《モンゴルの大草原にて遊牧祭を体験》
 日 付:7月27日(土)13 時受付開始、14 時~21 時(式典&懇親会)
 会 場:モンゴル国、ウランバートル市、The Corporate Hotel and Convention Centre
 登録者:尾林会員 スチッタ会員
 絆inモンゴルのお誘い

《大分キャピタルロータリークラブ創立20周年記念式典》
 日 付:9月7日(土)記念式典16時 記念祝賀会17時30分
 会 場:レンブラントホテル 2F二豊の間
 ご案内 
 プログラム 
 式典登録 

《大分キャピタルRC創立20周年記念ゴルフコンペ》
 日 付:9月8日(日)8:35分OUT、IN第1組スタート
 場 所:城島高原ゴルフクラブ
 大分キャピタルRCより20周年記念ゴルフ大会
 ゴルフ登録

《第 15 回ロータリー日韓親善会議 2019》
 日 付:9月28日(土)13:40~
 場 所:仙台国際センター2F大ホール・展示室
 案内 チラシ 
 広告募集 

《地区大会》
 日 付:11月8日(金)~9日(土)
 場 所:中津文化会館 及び ヴィラルーチェ中津
 内 容:地区大会、及び関連事業一式
    ※正式な時間等の案内は5月末を目途にお知らせが来ます。
    ※登録締切予定 8月31日
 地区大会事前案内


《理事会報告》


《先週の再掲示》
①メークアップの件〈修正出席率をなくす〉
規定審議会より「欠席のメークアップを例会の前後2週間から同年度内に変更」

審議案は理事会の全会一致で可決[承認]
*出席率は前回と今回の2週分で算出する。
*毎週の出席は義務として管理を行なっていく。
*4回連続欠席者は意思を問う(定款第15条第4節bに則る)


②寄付金の件〈米山寄付額〉
・普通寄付額を年間6,000円(半期3,000円×2)とする ➡︎ 全員義務
・特別寄付額は年間1,000円以上とし、それ以上の寄付額は任意で行う

共に審議案は理事会の全会一致で可決[承認]
*特別寄付額はアンケートにおいて個人ごとに金額設定をする(3,000円~15,000円)
*個人の寄付額は合計で年間7,000円以上となる。


③休会の件〈月曜祝日を休会とする〉
・定款第8条第1節より休会が認められている。
・2019-2020年度の月曜祝日は9回あるが、全て休会とする。

審議案は理事会の全会一致で可決[承認]
*必要であればその都度理事会にて確認を行う。
*12月30日の例会は事前に理事会に付議する。
(2019−2020年度の例会開催は43回となる予定)
 【今年度年間行事予定表】添付
 2720Japan O.K ロータリーEクラブ年間行事予定表


幹事 久保田 努



<サポーターの地区別・クラブ別人数>


【お礼】
2018~2019年度 総数73名のクラブ外ロータリアンの皆様に「サポーター」となっていただきました。会員一同心より感謝申し上げます。

【サポーター制度について】
当クラブにはサポーター制度があり、サポーターを随時募集中です。
サポーターの会費は年間(6月末までの年度毎)¥10,000(税込み)で、サポーターの方にはメークアップ証明書を無料で発行致します。
サポーターご希望の方は、「サポーターお申し込みフォーム」ページより、お手続きをお願いいたします。

会員各位におかれましては、お知り合いのロータリアンに制度をご案内いただき、おひとりでも多くの方にサポーターとなっていただき、当クラブ運営に参画いただければと存じます。

【サポーター数】
(2018~2019年度)合計 73名


他地区計(6名)


地区 クラブ名 人数
3350 バンコク スリウォン 1
2750 東京世田谷 1
2740 佐賀 1
2740 唐津中央 1
2700 福岡東 1
----- その他 1

2720地区計(67名)


地区 クラブ名 人数
2720 熊本菊南 1
2720 熊本 2
2720 熊本東 4
2720 熊本城東 5
2720 熊本江南 1
2720 熊本西南 1
2720 熊本西 1
2720 熊本中央 1
2720 熊本西稜 1
2720 人吉 1
2720 中津 10
2720 日田
2720 宇佐2001 3
2720 大分 1
2720 大分臨海 8
2720 大分南 4
2720 大分中央 7
2720 大分1985 7
2720 大分城西 1
2720 大分キャピタル 4
2720 竹田 1
2720 津久見 2

※ 今月のお祝い ※


会員誕生日を紹介していますので、会員専用サイトにてご確認ください。
(7月のお祝いページにて掲載しています)
https://ok2720eclub.jp/member/


今週のスマイルボックス


♡ 尾林 邦生 会員   1口
早水会長、久保田幹事 一年間宜しくお願い致します。

♡ 宮迫 賢太郎 前会長   2口
早水会長と久保田幹事の新年度を祝して1口、新しく事務局メンバーになった滝波さんこれからどうぞよろしくお願い致しますで 1口スマイルいたします。

♡ 片山 勇 会員   4口
大分に来県(帰省)された神奈川の中門会員が弊社に寄っていただきました。残念ながら直接お会い出来ませんでしたが感謝して!
早水会長、久保田幹事年度が素晴らしい年度になりますように祈念して!
新しく事務局メンバーになった滝波さん、改めてよろしくお願いします!
同級生の上田浩二会員、毎週毎週当クラブのWEB編集、管理作業ありがとうございます。心より感謝して!
あわせて4口スマイルします。



♡ 植山 朋代 会員   1口
賢太郎前会長、知博前幹事、お疲れ様でした。琢也会長、努幹事、これからよろしくお願い致します。新しい年度を迎えるにあたり、1口スマイルさせて頂きます。

♡ 松岡 祥仁 会員   1口
陶山プログラム委員長にバトンを渡します!ということでスマイル1口させていただきます!

♡ 上田 浩二 会員   3口
前年度の宮迫会長、佐藤幹事、プログラム委員の松岡会員、陶山会員ご苦労様でしたで1口、今年度の早水会長、久保田幹事、プログラム委員引き続きの陶山会員よろしくお願いしますで1口、最後Facebookで報告したのですけど、僕の法人化ということで1口スマイルいたします。

♡ 佐藤 知博 会員   10口
無事宮迫年度を終え、会長をはじめ毎週更新してくださった上田さん、毎週原稿チェックしてくださった副会長、そして活動を共に出来た各委員会の皆様。全会員の皆様・・・あげればキリがないですが、本当に沢山の方々からの支えを頂き感謝で心が一杯です。
役者不足でしたが、育てて頂いた皆様へのご恩送りを、今後クラブへと貢献出来れば幸いです。

そして、(実はこれが一番言いたかった事ですが)事務局の陰からのサポート。
本当に本当に感謝しております。感謝を込めて、大口10口を!
細やかに助けてくれ、事務局が無ければやり通せなかったと思います。ありがとうございました。

♡ 薬真寺 哲也 会員   2口

早水会長、久保田幹事、今年一年よろしくお願いします。OKEクラブを単なる仲良しクラブにしないための教育、ロータリーらしく修正する絶好のチャンスだと思います。微力ではありますが、青少年奉仕委員として協力させていただきます。お祝いでスマイルします。
さっそくですが大分大学附属中学校インターアクトクラブでは、7月6日8:00~10:00田ノ浦ビーチ清掃奉仕を行います。現時点での生徒の参加人数は13名です。スポンサークラブとして、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。期待を込めて計2口スマイルします。


プログラム委員会報告:卓話について



陶山 誠司 会員
(2720 Japan O.K.ロータリーEクラブ プログラム委員会 委員長)


皆様、こんにちは!こんばんは!おはようございます!
今期プログラム委員長を務めさせて頂く陶山誠司(すやませいじ)です。


さっそくですが会員の皆様は当クラブのプログラム委員会が何をしているのかご存じでしょうか?
パソコンのプログラムを作る委員会ではありませんよ。
ちなみに私自身、プログラミングなどのPCに関する高等技術は一切持っておりません!(笑)

実は、皆さんが毎週見られている「卓話」を担当しています。

「こういう話を会員の皆さんに見て欲しいな」
「こんな人がいることを知って欲しい」


そんな人を探しまして、卓話をお願いをするのが主な役割です。
おかげさまで、好評をいただいていると聞いてうれしく思っています。

今回は例会参加の証としてコメントしてくださっている「卓話」について、少しご説明と皆様へのご協力のお願いをさせてください。


Eクラブの卓話とは


この7月から2720Japan O.K.ロータリーEクラブは早水会長のもと、発足から3年目を迎える事になります。皆さまのご協力で当クラブのWEBページは大変高いご評価を頂いております。これもこれまでの会長・幹事の皆さんをはじめ、初代プログラム委員長の長野会員、前期プログラム委員長の松岡会員、WEBサイトを充実させてくれている上田会員のご尽力の賜物であると確信しております。

「卓話」をWEB検索してみますと、


「卓話(たくわ)とは親睦会などといったイベントの開催時間中にある参加者が他の参加者全員を前にして自身の意見を発表することを意味する。主な場合、業界の事情に関して深く知覚している者が担当しているため聴衆にとっては日頃に接することができない業種に属している人々の話をうかがうことができるがゆえに、聴くことで自身の世界に対する視野が広がり人生においての大きな糧となることが期待できる。」(Wikipediaより)


とあります。

多種多様な業種の方々が集まるロータリークラブにおいて、自らとは異なる業種のお話を「毎週」拝読できることはとても貴重な機会であり、自身の見識を深めてくれる素晴らしい場であると思います。

これはロータリークラブというよりもO.K.Eクラブに所属している醍醐味です。
さらに卓話をしていただいた方には、直接お話ししたり、つながることが出来るのです。
これは、すごいことだと思います。

このように、これまでの皆様のおかげで素晴らしい卓話ができあがっていますが、実はここに一つ「壁」があるように感じています。上記卓話説明の中段に「業界の事情に関して深く知覚している者が担当して…」とあります。

これまでに卓話依頼を受けて頂いた方の中に

「私なんかが卓話をするなんて畏れ多い」
「あんなに素晴らしい文章や動画で卓話をするなんて自信がない」


なんて思った方はいらっしゃいませんか?
…はい、私がその一人です!(笑)
これまでの卓話が素晴らしいが故に次に卓話をする人がプレッシャーを感じてしまっているように思います。これが卓話をすることへの「壁」として皆様の前に立ち塞がってしまっているのではないでしょうか?



そこを一歩前に出て、ぜひ一度、卓話者として会員の皆さんにもご登場して頂きたいと考えています。

人前で話すのが得意の方もいらっしゃれば苦手の方もいらっしゃいます。文章を書くのが得意の方もいれば苦手な方もいます。卓話を担当することに関してそんなに難しく考えないでください。ご自身の紹介や考え方を伝えて頂くので、そこには「間違い」はありません。
(もちろん○×チェックや採点もされません!笑)
しかも委員会で原稿チェックを致しますのでWEBに掲載される際には今までの卓話のように素晴らしい形式になっています!


プログラム委員からのお願い


私も以前卓話をさせて頂きました。依頼を頂いた当初は「とうとうこの日が来たか…」とXデーのように感じましたが、今となってはとてもありがたい機会を頂いたと思っています。
右も左もわからないまま自分なりに作成した卓話原稿をプログラム委員の方が確認し、修正してくれたり、丁寧なアドバイスをくださったりと、本当に良い勉強になりました。
提出期限を過ぎそうになって連絡すると快く?受け入れてくださいました。(長野会員、その節はすみません。)
自己紹介においては自身を振り返る良いきっかけにもなりましたし、多くの方から感想のコメントを頂戴したときには本当にうれしいものでした。

このようにプログラム委員会では会員の皆様方へ提供する卓話者を探し、原稿の管理などを行っておりますが、厳しい状況にあることも事実です。毎週例会が行われますのでその都度新しい卓話を準備しております。が、、、これがなかなか集まりません。
私も担当するまでは知らなかったのですが、初年度はなんと長野委員長お一人で原稿集めに奮闘されていました。翌年度は松岡委員長と私のふたりでした。もちろん会長・幹事からの多くのサポートがなければ成り立たなかったことは言うまでもありません。

そこで今期はすべての会員の皆様に下記の2点についてご協力をお願いしたいと思います


① 会員の皆様には今期中に一度は卓話をして頂く。
(まだされていない方を優先させていただきます)
② 会員の皆様の周囲で頑張っている方に卓話をお願いする。


卓話者がいらっしゃいましたら、プログラム委員会へ一声おかけください。
担当者よりご依頼をさせて頂きます。会員の皆様の場合は、業務の都合により時期によっては卓話原稿を準備することが難しい場合もあるかもしれませんが、その時は「今は厳しいけど2ヶ月後には準備してみる!」などお伝えください。しっかりとスケジュール調整をさせて頂きますのでご安心ください!


①はEクラブだからこそ、
「まだお互いの顔を知らない」
「何の仕事をしているかも知らない」
といった会員もいます。これを機会に自己紹介を兼ねた卓話でもいいですし、お仕事に取り組まれている内容でも構いません。以前卓話をされた会員は、最近の自身の近況報告や気になることについてお話をお願いできればうれしいです。

②は会員の皆様の周りでいろいろなことに頑張っていらっしゃる方がおられると思います。今週の例会での「卓話」ではそのような方々をご紹介、応援する良い機会にもなるはずです。ぜひご推薦をされたい方がいらっしゃれば下記メールアドレスまで積極的にご連絡ください。
(プログラム委員会 陶山 s.e.suyama@gmail.com


また、卓話をWEBに掲載するにあたり、個人情報の取り扱いや著作権に関する配慮が必要になります。ご不明な点はお気軽にプログラム委員会へお問い合わせください。
(具体的には他人が写真に写り込んでいる場合はその人の許可を取るかモザイクを入れる。新聞記事の転写は新聞社の許可を卓話者に取っていただく。テレビ放映の動画は基本的にNG。ただし、その放送がYouTubeに公開されていればそのリンクは掲載OK、など)

もちろん卓話は強制的にして頂くものではありません。
「そんなこと言っても苦手だ~」という方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方はお声がけください。一緒に作っていきましょう。
「もっともっと色々なことを皆さんに発信したい!」という方は何度でもOKですよ!

お気軽にエントリーをして頂きたいと思いますし、同様にお知り合いをご紹介頂ければ幸いです。クラブ会員以外の方でも「卓話」は閲覧できますし、ご紹介頂いた方がさらに知り合いを紹介してくれるような連鎖が生まれると最高ですね!
Eクラブだからこその「全員参加によるプログラム運営」目指して行きますので宜しくお願い致します。



もう一度申しますが、「卓話」をすることをそんなに難しく考えないでください。
会員の皆様ならこの卓話の「壁」は簡単に乗り越えることができると信じています!

もちろん当クラブ会員に限らず、このサイトをご覧になられているサポーターの皆様、メークアップの会員の方々もぜひ積極的にご参加ください!

あっ、もちろん今週の例会期間内の「コメント」は早めにしてくださいね!
出席率100%は必ずできます!

それでは今年度もよろしくお願い致します!


2720Japan O.K.ロータリーEクラブ
プログラム委員会
委員長
陶山 誠司


閉会点鐘



メークアップ


メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


会員・メークアップ・サポーターの皆様へ
Eクラブ会員・サポーターの方は必ずログインしてください


2720 Japan O.K. ロータリーEクラブ会員の方はこちらで出席へ


Eクラブ会員専用コメント


他クラブのサポーターではないロータリークラブの方はこちらでメークアップ(1回:1,000円<税込> クレジット決済可<VISA/MASTER/AMEX>)


メークアップフォーム


他クラブの方ですでにサポーターの方はこちらでメークアップ


サポーター専用メークアップフォーム


他クラブの方でサポーターを希望される方(年会費:1万円<税込> クレジット決済可<VISA/MASTER/AMEX>)はこちらでお申し込み


サポーターお申し込みフォーム


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 岩崎・滝波)

090-6424-9995(岩崎)080-3221-3377(滝波)