今週の例会

     

          ~この例会のメークアップは終了しております~

メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


Eクラブ会員ログインはコチラ


メークアップの方法はコチラ


メークアップはコチラ


開会点鐘・歌の斉唱










会長の時間:ロータリーの創設者であるポールP.ハリス


皆様、こんにちは!

先週の24日の夜から全国的に気温が急激に下がり、10年に1度の今季最強の寒波が襲来しましたが皆様、大丈夫でしたか?
私の地元、人吉は雪が降ると高速道路が止まり、陸の孤島になります(笑)

八代―人吉の下道は未だに熊本県南部豪雨による被害で通行止めのままですので、仕事にも影響が出てしまいます。余裕を持った行動でお客様に時間を頂き、満足していただけるよう努めています。 ロータリアンとして、職業奉仕を実践していきたいですね。



さて、2月13日(月)12時からオアシスホテルにて、ガバナー公式訪問例会を大分臨海RC 様と合同で開催します。
堀川貴史ガバナーの地区スローガン「ロータリーはつながりであふれている~友情いっぱいの仲間となにかよいことをしましょう~」  


その他の重点項目


  • 2720 地区のやる気スイッチ ON
  • 新入会員の退会防止
  • 各クラブの例会サポート(出前セミナー)
  • メディア対応のワンストップ化(公共イメージ)
  • Zoom ミーティング窓口(部門、各グループ)の開設
  • 休日は家庭生活に奉仕の理想を最大限適用

ガバナーの公式訪問は、ガバナー自身が地区内の各RCを以下のような目的をもって訪問するものと定義されています。


  1. 重要なロータリーの問題に主眼を置き関心をもたせる
  2. 弱体あるいは問題のあるクラブに特別な関心を払う
  3. ロータリアンに意欲を起こさせ奉仕活動に参加させる
  4. 地区内におけるロータリアン個人の卓越した業績を表彰する

より多くの会員に、堀川貴史ガバナーによるガバナーアドレスを生で聞いていただくことで、ロータリー活動が楽しく、有意義なものにするためのヒントがあると思いますので、是非、ご参画よろしくお願します。

さて、今から76年前の1947年1月27日は、ロータリーの創設者であるポールP.ハリスが永眠した日です。亡くなる前にハリスは、葬儀に花を贈る代わりにロータリー財団に寄付をしてほしいと言い残したと言います。本当に素晴らしい偉人です。
今回は、そんなポール・ハリスに敬意を表して私の好きなポール・ハリス語録をいくつか紹介したいと思います。
以下、源流の会より引用。


「平和」


戦争が永遠に続くことなどありえません。平和が必ず来るし、来るようにしなければなりません。来る年月、非常に困難で厳しい任務がロータリーを待っています。戦争で荒廃した世界の傷をいやすこと、憎しみを相互理解や寛容に代えること、恨みの存在するところに愛情を築くこと、敵を友人に代え、激しい怒りや武力闘争を善意と国際平和に代えることがロータリーの任務です。私たちがしなければならないことは人間の能力を超えた任務です。これは、ロータリーが全力を尽くす任務です。とはいえ、私たちには、私たちの原則以外に何の手段もないし、熱意以外の力もありませんが、私たちロータリアンは人類を大いに信頼していますので、勝利を確信しています。
*ロータリアン誌、1942 年 5 月号より


「目標達成」


幸福とはどんなに一所懸命に追及しても得られないのに、来る時は求めずして、しかも思いもかけなかった場所で得られる人間のさがの一つです。王宮の中に幸福を探し求めても得られないのに、愛のあふれる貧しい晒屋の中で幸福が見つかるかもしれません。
*カナダ、マニトバ州、ウイニペグ第 4 回善意大会でのメッセージより


「職業奉仕」  


社会に役立つ人間になる方法はいろいろありますが、最も身近で、しばしば最も効果的な方法は、間違いなく自分の職業の中にあります。
*ナショナル・ロータリアン、1912 年 1 月号より

会長の時間を終わります。
会長 中川 宝星  


出席報告


例会 第23回【通算第253回】2023年1月23日正午~1月30日正午(出席数・出席率1月30日正午)


会員数 出席義務者 出席数 出席率
48 47 38 80.85%

例会 第22回【通算第252回】2023年1月16日正午~1月23日正午(出席数・出席率1月23日正午)


会員数 出席義務者 出席数 出席率
48 47 40 85.11%

会員の皆さま、例会への出席ありがとうございます。例会出席は例会がアップされる月曜日の正午から翌週月曜日の正午までの期間に出席することが必要です。
出席は「今週の例会」ページの下段にある会員の氏名とメールアドレスが入ったコメント欄から「例会のコメント」をすることで例会への出席とさせて頂きます。投稿後に内容が確実に反映されたかを確認して頂けると安心できます。今年度も例会への早めの出席、確実な出席にご協力いただきますようお願い申し上げます。
出席委員会では引き続いて皆さまの出席をサポートさせて頂きます。“例会の全員出席で「中川会長年度」を盛り上げましょう”


出席委員会


幹事報告


幹事報告
(1)来信紹介
(2)各種行事のご案内
(3)他クラブからのお知らせ
(4)クラブ内のお知らせ


(1)来信紹介


★★新着情報★★


《財団室ニュース2月号》

財団室ニュース2月号をお届けします。RI会長エレクトが発表した次年度の会長テーマとロゴが掲載されています。ぜひご覧ください。全文は画像をクリックするとダウンロードできます。


★★前回に引き続いてのご案内★★

《ハイライトよねやま Vol.273》

ハイライト米山274号が届きました。原文は画像をクリックするとダウンロードできます。

今月のトピックス
・ 2人目の紺綬褒章受章者が誕生
・ 寄付金速報 ― 下期普通寄付のお願い ―
・ 次期地区米山奨学委員長セミナー開催報告
・ 台湾米山学友会が総会を開催
・ ウクライナから避難した学友 ―母校が受け入れ―



職業奉仕月間のリソース


1月は職業奉仕月間です。職業奉仕に関するラーニング資料のほか、世界各国のロータリーの職業奉仕の例が紹介されています。
画像をクリックすると全文がダウンロードできます。ぜひご覧ください。



《2020-2023年の審議会手続きに関するご案内》


Rotary.org
2020-2023年の審議会手続きに関するご案内
ロータリアンの皆さまへ

平素より大変お世話になっております。

2022年決議審議会(COR)の完了に伴い、ここに 決定報告書 をお送りいたします。この報告書には、以下が含まれております。
•    審議会業務部からの書簡
•    採択された決議案
•    採択された案件に関する投票集計

2022年決議審議会の投票結果は、My ROTARY からご覧いただけます。

また、2023年決議審議会への決議案の提出締切日は、2023年6月30日となっております。提出用のフォームおよび役立つリソースは、My ROTARYの 審議会のページ からご覧ください。

報告書または決議審議会についてご質問がある場合は、当方までご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

審議会業務部スーパーバイザー
サラ・クリステンセン

ONE ROTARY CENTER
1560 SHERMAN AVENUE
EVANSTON, ILLINOIS 60201-3698 USA
ROTARY.ORG

画像をクリックすると全ページがダウンロードできます。



《『2022年手続要覧』ご案内》


「2022年手続要覧」が発行されましたのでご案内致します。画面をクリックするとPDFがDLされ、表示リンクへの移動が可能になります。



《ロータリーの友事務局からのお知らせ》



《メルボルン国際大会日本人朝食会のご案内》


5月のメルボルン国際大会において開催されます日本人親善朝食会のご案内と申し込みです。画像をクリックするとダウンロードできます。
国際大会の詳細につきましては、前回の例会あるいは「前回に引き続いてのご案内をご参照下さい。




《国際大会ツアーのご案内》


2022-2023年度ロータリー国際大会は2023年5月27日から31日までオーストラリアメルボルンで開催予定です。
2720地区では、国際大会参加ツアーの参加者を募集しています。地区のロータリアンと一緒に地区大会とオーストラリアの観光を楽しんでみませんか?
※国際大会のとツアー案内の詳細はそれぞれの画像をクリックしてリンクを開いてご確認下さい。



《ロータリーの友70周年記念俳句コンテストのご案内》


芸術の秋に俳句作りに挑戦してみませんか?「ロータリーの友」創刊70周年特別企画俳句コンテストが開催されます。選者はテレビでもおなじみの夏井先生です。ふるってご応募下さい!



《第3地域ロータリー財団チームニュース第1号》


https://ok2720eclub.jp/media-download/1206/6a497b6eb6b16a95/


《地区クラブ活性化ワークショップ動画配信のご案内》


7月23日に開催された地区クラブ活性化ワークショップの講演内容が地区のホームページから閲覧できるようになりました。ぜひご覧ください。

https://www.ri2720.org/2720online/
リンクテキスト


《クラブ・地区支援リソース集2022‐2023年度版のご案内》



https://ok2720eclub.jp/media-download/1130/952c642eb93b2ce2/


《ロータリーレート》


2023年2月ロータリーレートは、1ドル=130円です。よろしくお願いします。


(2)各種行事のご案内(内容の詳細はそれぞれの来信・案内をご覧ください)


☆☆全国の行事☆☆


〇「ロータリーの友」創刊70周年特別企画俳句コンテスト(応募期間9月1日~2月29日)


☆☆地区・並びに他クラブの行事☆☆

(新着)RLIパートⅡ開催のご案内

RLIパートⅡが下記の要領で開催されます。
RLIというのは、ロータリーリーダーシップ研究会の略称で、世界各地の地区に組織された会員地区の他地区合同、草の根レベルの指導力育成プログラムです。詳しくはサイトをご参照下さい。
https://rli-japan.org/
パートⅠを受講されていない方でもパートⅡを受講することができます。ふるってご参加下さい。参加ご希望の方は、事務局滝波さんに直接お申し込み下さい。

令和5年1月17日
RI第2720地区
ロータリークラブ各位
                                RI第2720地区
                                ガバナー 堀川 貴史
                                研修リーダー 瀧  満
                                地区代表ファシリテーター 硯川 昭一
                                RLI運営委員長 井上弘太郎

RLI    (ロータリー・リーダーシップ研究会)
パートⅡ開催のご案内
拝啓
第2720地区RLI パートⅡの開催準備が整いましたのでご案内申し上げます。RLI(ロータリー・リーダーシップ研究会)は、世界中の多くの地区が取り入れている、多地区合同の草の根プログラムとなっております。会員ひとり一人がリーダーシップ意識を高めることにより、一層ロータリー精神を理解でき、クラブ内での快活な語り合いを通して自己研鑽し、クラブ活性に結びつけるためのプログラムです。全地区の参加によって、ロータリーへの理解とモチベーションを高めリーダーシップを涵養することによって、ロータリアンの自主性と卓越した指導力を涵養し、クラブの刷新性と柔軟性を育み、一層ロータリーが活性化されることを期待致しております。クラブ会長におかれましては、会長エレクト、次年度幹事予定者、クラブ研修リーダー、地区委員及び希望者(新会員の参加も可)の方々を、RLIに参加できますようにご案内をお願い申し上げます。
今回のRLI パートⅡも6 セッシ ョンに参加学習を通じて、最終的に「ロータリアンとしての成長とロータリー観の確立を目指す」ことを目標といたします(パートⅡから初受講が可能です。)10月のパートⅠを受講された方は是非、引き続き受講されてください。
 多くの方のご参加をお待ちしておりますが、会場の部屋数等制限がございますので、早めに参加登録の手続きをお願いいたします。                                     敬 具



日 時: 2023年 2月25日(土)     
      受付 9:30  開会  10:00 終了 17:30
場 所: ホルトホール大分 302会議室
* 懇親会参加者はホテルチエックインをお済ませください
懇親会 日 時:2023年 2月25日(土)開会 19:00〜  
場 所:アートホテル大分  大分市都町2-1-7   097-538-8701

定  員: 先着72名

形 式: 少人数(12 名以内)でのディスカッションを50分間で6 セッション行います。

対  象: ガバナー補佐、クラブ研修リーダー、会長 、幹事、会長エレクト、
次年度幹事予定者、次年度クラブ研修リーダー、地区委員及び希望者など

パートⅡ参加費: 2,000円/1 会員(弁当代込み)
※テキスト(2022〜2023年版)をお持ちでない方は当日配布いたします(1冊1,000円)
※テキストをお持ちの方は必ずご持参ください。

懇親会費: 7,000円/1会員

地区チーム研修セミナー開催のお知らせ

下記の要綱で地区チーム研修セミナーが開催されます。対象者の方はぜひご出席お願い致します。


地区補助金管理セミナーのご案内

地区補助金管理セミナーのご案内です。ふるってご出席お願い致します。



ロータリー地区大会のご案内




RI会長代理歓迎晩餐会は今回は会長のみの参加になります。その他の行事に関する申し込みをクラブFBグループにアンケート形式でアップしておりますので、ご回答をお願い致します。アンケートへのご回答が難しい方は事務局滝波さんか幹事植山まで直接ご連絡下さい。なお、人吉の宿泊申し込みを早めに行いたいと思いますので、現時点でのご回答を17日までにお願いできましたら助かります。


新会員オリエンテーション 


2月24日(金)、5月26日(金)に予定されています。会員歴5年未満の会員が対象ですが、これから会長幹事、委員長などに就かれる可能性のあるみなさま全員にぜひ一度ご受講をお勧めしたい内容です。まだ受講されていない会員は、どちらかの開催日に時間をとられて全員ご参加をお願い致します。


☆☆OKEクラブの行事☆☆

〇2月13日(月)、ガバナー公式訪問例会が開催されます。大分臨海RC様との合同例会になります。
この日は昼例会です。スケジュールの確保をお願い致します。また、夜に堀川ガバナーを囲んでの懇親会を予定しています。例会に出席できない方の参加も歓迎です。例会、懇親会ともに、フェイスブック会員グループに出欠アンケートをアップしておりますので、チェックをお願い致します。


(3)他クラブからのお知らせ


★★新着情報★★


今週は他クラブからの新着情報はございません。

★★前回に引き続いてのご案内★★

今年度当番クラブの大分中央RC様から、新春合同例会のお礼状が届きました。
また、当日撮影された写真をダウンロードできるサイトの案内も届いております。こちらは会員専用ページにご案内致しますので、ご希望の方は記念にダウンロードされて下さい。メイクアップでお越しのロータリアンの方で、写真のサイトをご覧になりたい方は、事務局にご連絡下さい。

2023年1月吉日
JAPAN.OK.ロータリーEクラブ会員各位

新春合同例会開催の御礼

 謹啓 寒中の候、貴ロータリークラブの皆々様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。また、平素より、大分第4グループのロータリー活動にご協力、またご高配を賜り、誠にありがとうございます。
 さて、当クラブが担当させて頂きました新春合同例会におきましては、何かとご不憫や不手際な点があったと思いますが、なんとか無事開催することができました。これもひとえに会員皆様のご協力を頂けました賜物であると大変感謝申し上げます。
 今後の第4グループの活動としては、IMが5月の予定で企画進行中です。IMに関しましてもこれまでと変わらぬご指導、ご鞭撻、またご協力を頂ければ幸いです。
 最後になりますが、貴クラブが益々ご隆盛であることを御祈願申し上げまして、この度の御礼状とさせて頂きます。
謹白
 
RI2720地区2022-23年度大分第4グループ
ガバナー補佐 藤田千克由
2022-23年度大分中央ロータリークラブ
会長 青栁義信
幹事 中村哲弥


《宇佐八幡RC様からメークアップのご案内》


「一度は行きたい宇佐神宮と宇佐八幡クラブ」
新年度より、宇佐八幡宮参集殿にて例会を行っております。ぜひ私たちの例会にお越し下さい。

例会日 毎週金曜日12:30~13:30
例会は月に3回の開催です。昼食の準備がございますので、あらかじめお電話にてご連絡下さい。
宇佐八幡RC事務局 0978(33)5381 火・木・金・午前中のみ対応


(4)クラブ内のお知らせ


雑誌委員会から、「ロータリーの友」パスワード変更のお知らせ

「ロータリーの友」のパスワードが変更されました。会員専用ページに掲載しておりますので、ご確認お願い致します。


<サポーターの地区別・クラブ別人数>


【お礼】
2023年1月29日現在、1クラブと総数39名のクラブ外ロータリアンの皆様に「サポーター」となっていただいています。心より感謝申し上げます。

【サポーター制度について】
当クラブにはサポーター制度があり、サポーターを随時募集中です。
サポーターの会費は年間(6月末までの年度毎)¥10,000(税込み)で、サポーターの方には何度でもメークアップ証明書を無料で発行致します。
サポーターご希望の方は、「サポーターお申し込みフォーム」ページより、お手続きをお願いいたします。

会員各位におかれましては、お知り合いのロータリアンに制度をご案内いただき、おひとりでも多くの方にサポーターとなっていただき、当クラブ運営に参画いただければと存じます。

【サポーター数】
(2022~2023年度)2023年1月29日現在 1クラブ・39名  
 


他地区計(サポータークラブ1RC・7名)


地区 クラブ名 人数
2740 佐賀
2560 新潟西 1
2670 高松西 1
2690 鳥取 2
2700 久留米 1
2740 唐津中央 1
2750 東京八王子 1

2720地区計(32名)


地区 クラブ名 人数
2720 熊本りんどう 1
2720 熊本東 4
2720 熊本東南 1
2720 熊本南 1
2720 熊本江南 1
2720 人吉 1
2720 中津 2
2720 中津中央 1
2720 大分 4
2720 大分臨海 3
2720 大分南 1
2720 大分中央 4
2720 大分1985 1
2720 大分城西 3
2720 大分キャピタル 2
2720 大分キャピタルOliOli衛星 1
2720 津久見 1

※ 今月のお祝い ※


今月の会員誕生日を紹介しています。
おめでとうございます。会員専用ページにてご確認ください。
https://ok2720eclub.jp/member/


今週のスマイルボックス


♡  スチッタ グナセカラ  会員  2口
最近スマイルしていませんでしたので2口致します。


♡  酒井 常隆 会員   10 口
日本焼き肉大学玖珠本校を1月29日に開店します。開店祝いに10スマイルお願いします。皆さまのご愛顧のほどよろしくお願いします。


会員卓話:時代に置き去りにされない為に今やりたい事をやる



衛藤 昂 氏
(2720 Japan O.K. ロータリーEクラブ
公共イメージ IT推進 副委員長・
映画・映像制作 映像作家)


皆様こんにちは。
衛藤昂です。
カナダ・バンクーバー在住、職業分類は映画・映像制作です。



現在の仕事について


現在カナダ・アメリカ・日本で映画やCM・その他映像制作をしております。
2022年はアメリカに3度、日本は2度、カナダ国内でも各地で撮影をさせていただき、振り返れば6カ月以上は自宅のあるバンクーバー以外での生活という旅&撮影好きとしては充実した1年でした。






今回の卓話ではテーマなどを決めずに仕事や日々の生活で感じた事を散文的に書かせていただきます。


ライカカメラとの出会い


2年ほど前の話です。
映像制作の仕事やライフワークとして続けている写真撮影の為に以前からカメラやレンズ、照明機材を買い揃えていたのですが、気づいた時には余程特殊な内容でない限りはどんな撮影でもできる程の機材を所有していました。

撮りたいものが撮れる環境になって撮影を続けていると、突然心境の変化を感じました。

以前ほど撮影が楽しくなくなったのです。

仕事での撮影は続けているものの、ライフワークの写真撮影に出かける回数が減りました。

撮影に飽きてきたのか?と自問し続けている時、ふと以前から興味があったカメラの事を思い出しました。
「Leica(ライカ)」というドイツのブランドのカメラです。



カメラに詳しい方はライカ=高級なカメラというイメージがあると思います。

これまで使っていたカメラとは全く異なる仕様のライカカメラ。
ネットで調べると驚きのお値段です。
数週間悩んだ末に、思い切って購入しました。

中古車が買えるほど高価なライカのカメラ。
一体どれほど高性能なカメラなのかと思いきや、何と一般的なカメラよりもはるかにアナログな仕様なのです。



動画撮影の機能はなく写真撮影のみ。
今ではスマートフォンにさえ搭載されている、自動でピントを合わせてくれる機能や連写機能もライカにはありません。

更に、今まで買い揃えていたレンズはライカには使用できないので、レンズは同時に購入したレンズ1本のみ。
暗い場所でも照明機材は使えません。

「もしかしてとんでもなく無駄な買い物をしてしまったのか?」

使い勝手の悪いライカカメラを不便に感じながら自宅の周りを歩きながら撮影しました。
するとこれが、今までになく楽しいのです。
初めてカメラを手にした時のように夢中で撮影をしました。

そして、また以前のように時間を見つけては撮影に出かける事も増えました。

ライカがなぜこれほどまで高価なのか。
その理由は、ドイツの職人によって手作業で組み立てられている事や「空気が写る」と言われる程の圧倒的な描写力にありますが、偶然にも私がこのライカとの出会いで学んだ事は
「人は環境や条件が限られている時ほど創造的になれる」
という事です。

以前の僕は、自分の創造の幅を広げる為に機材を買い込んでいました。

しかし実際には、必要な道具が無い時や条件が悪い時にこそクリエイティブになれて、創意工夫をする機会が生まれるのです。

「あの道具さえあれば簡単に撮れていたのに。。。」
そんな状況に追い込まれる事で獲得できる新たな視点があったのです。

*レンズに関しては、先日日本に帰国した際に誘惑に負けて新たなレンズを2年ぶりに購入してしまいました。。。










時代に置き去りにされない為に


1月19日に38歳になりました。
年齢的には「若手」と呼ばれる頃はとうに過ぎ、既に中堅と言えるのではないでしょうか。
若干の体力の衰えを感じ始めましたが、それと引き換えにこれまで若さ故に見えていなかったものが見えてきます。

ある先輩と仕事でご一緒する機会がありました。
その方の作った映像を見せていただいたり、話を聞かせていただいたりして学びも多かったのですが、ふと違和感を感じる事がありました。

作られている映像が何となく「古い」のです。
「味がある」と言い換える事もできますが、どこか「昭和」っぽいのです。
注意深く話を聞いているとその理由が分かってきました。

その方は、若い世代から学ぶという事を一切していないのです。

その証拠に、最近の若者に人気の映像に対して「何が良いのか全く理解ができない」と口にして、話題にする映像や音楽は全てひと昔もふた昔も前のものです。

懐古主義も悪くはないですが、若い世代ほど感覚が研ぎ澄まされていて、彼らこそが時代の最先端を走っているのです。
今の若い世代の人達が撮る映像を見るとそのセンスと技術にいつも脱帽します。

「まだまだ若者には負けない!」と語る先輩方がいますが、もう負けているのです。
「若い世代はかつての自分が歩んだ道をついて来ている」と勘違いをされている間に、若者達は遥か彼方を駆け抜けているのです。

僕は大分県の別府大学で非常勤講師として写真と映像の講義を担当していますが、先日大分に帰省した際にはカメラマンとして就職した教え子をランチに誘い、どういう事を考えながらいつも撮影をしているのかや、どこから情報を得ているのか等を教えてもらいました。
おすすめの動画やサイト等はメモをして家でチェックします。

まだまだ自分が時代に取り残されない為です。

「先輩に歴史を学んで後輩から現在を学ぶ」
38歳の今の僕の学びのスタンスです。


今やりたい事をやる


仕事などで新しい事をやる際にモチベーションが下がってしまう時があります。
何かアイデアを話している時に、上手くいかなかった場合の話をする人がいる時です。
残念ですが日本で仕事をする際にそう感じる事が少なくありません。

リスクを想定する事は重要です。しかし
「本当はやりたいけど失敗のリスクがあるからやらない」というのはまるで
「行きたい所があるのに、信号が全て青でないから家の駐車場を出ない」
と言っているようなものです。

まだ直面していない問題を気にして自分の行動を束縛する事ほどもったいない事はありません。

「君子危うきに近寄らず」的な、失敗を避ける為に賢く立ち回るような生き方も否定はしませんが「永劫回帰」という言葉があるように、失敗する時があるから上手くいく時もあり、あらゆる事はその繰り返しだと思うのです。

今カナダで自主制作の映画を作っていて、11月に「アメリカンフィルムマーケット」という、世界中の自主制作映画の制作者や会社が企画を売り込む見本市に参加する為、アメリカ・サンタモニカを訪れました。

勝算はありません。
情熱を込めて書いた脚本と企画書を手にして、1週間、会場中にいる人達に自分の企画を話すだけです。





まるで自分がピンボールになったようです。
壁に当たって、弾かれては次の壁にぶつかる。
運よくどこかの穴に入ればラッキー。
何もしないとそのままゲームオーバー。
そんな体験をしてきました。

なぜこんな事を続けるのか?
理由は一つだけ。好きだからです。
僕が心の底からやりたい事だからです。

写真は脚本のコーチングをしてくれている人とです。




映画は超低予算で良いので今年中には撮影をしたいと思っています。
何十年経っても時代を超えて、世界のどこかで見られるような映画を生涯で1本でも良いので作りたいです。


最後に


拙い散文でしたがこのような機会を与えてくださりありがとうございました。

最後になりますが、僕は高校時代に先生や友達、誰にも理解されなかった3年間を過ごしたのですが、こちらはその頃に書いた書です。
カナダの自宅に飾っています。



気づけば20年以上も時が経っていますが、今のところはこの生き方を貫けていると思っています。

ありがとうございました。

本当の最後に、、、
11月からOAB(大分朝日放送)と大分県中部振興局と、海外向けの大分県PR映像制作の為に大分に帰っておりました。
約3週間という限られた制作期間でしたが、大分の魅力溢れる映像になったと自負しています。
最近は演出、撮影、編集を全て自分で行う事で、撮影の対象に至近距離で正面から向き合う制作を好んでいます。

映像は90秒バージョンがイギリスとフランスのディスカバリーチャンネルで放映され、3分間のフルバージョンがこちらでご覧いただけます。
宜しければご覧ください。



閉会点鐘



メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


会員・メークアップ・サポーターの皆様へ
Eクラブ会員・サポーターの方は必ずログインしてください


2720 Japan O.K. ロータリーEクラブ会員の方はこちらで出席へ


Eクラブ会員専用コメント


他クラブのサポーターではないロータリークラブの方はこちらでメークアップ(1回:1,000円<税込> クレジット決済可<VISA/MASTER/AMEX>)


メークアップフォーム


他クラブの方でサポーターを希望される方(年会費:1万円<税込> クレジット決済可<VISA/MASTER/AMEX>)はこちらでお申し込み


サポーターお申し込みフォーム


他クラブの方ですでにサポーターの方はこちらでメークアップ


サポーター専用メークアップフォーム


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 滝波)

080-3221-3377