クラブ概要

ロータリーを楽しもう!


2720 Japan O.K.ロータリーEクラブ(OKEクラブ)の皆様、国際ロータリー第2720地区内外のすべてのロータリアンをはじめとした当ウェブサイトをご訪問のすべての皆様、当クラブ第3代会長を務めさせていただくこととなりました 早水琢也(はやみ たくや)と申します。
ロータリー入会は2008年8月で職業分類は 損害保険 です。

今年度の国際ロータリー会長であるマーク・ダニエル・マローニー氏が示された年度テーマは「ロータリーは世界をつなぐ」であり、 瀧満ガバナーが示された地区スローガンは「『さあ、ロータリーの大海へ漕ぎ出そう』”私たちのクラブから将来の地区ガバナーを・・・”」です。

いずれもロータリーの中核的価値観(・奉仕 (Service)・親睦 (Fellowship)・多様性 (Diversity)・高潔性 (Integrity)・リーダーシップ (Leadership))への理解を深めることにより,ロータリーの素晴らしさを感じ取り,奉仕の実践に行動して欲しいという思いを込めたものですが、不可欠な概念として「つながり」を重要視したものとなっています。

ロータリーが1905年の設立以来、110年以上の長きにわたり継続していること、全世界の多くの国々にいる120万人もの会員で構成されていることの明確な理由は、脈々と流れる「ロータリーの理念」にあることは間違いありません。

ロータリーのルーツは「親睦」であり、その後、これを補強する理念として「奉仕」の発想が加わりました。「親睦」と「奉仕」を両輪として運営されるロータリーに親しむためには「学び」と「参画」が不可欠と考えます。

そうした意味から、年度のクラブスローガンを「ロータリーに親しもう!」とさせていただきました。当クラブは、設立3年目の「若い」クラブではありますが初年度の植山会長が「ホップ」され2年目の宮迫会長が「ステップ」されましたので3年目の「ジャンプ」で一層発展させることを目指したいところです。当クラブは設立間もなくインターアクトクラブを提唱し、「国連デー」「国際交流デー」などのイベントも成功させています。更に「米山記念奨学生」の世話クラブも引き受けました。皆様ご存知の通り、既に「従来型のクラブ」と「Eクラブ」の垣根はなくなっており、全てのクラブが「オフライン」「オンライン」の両方を駆使した例会を開催できる規定となっています。当クラブの活動をより一層充実させるために精一杯取り組みたいと思いますので各位のご協力をお願い申し上げます。

2019年7月1日
早水琢也



お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 岩崎・滝波)

090-6424-9995(岩崎)080-3221-3377(滝波)