今週の例会

会員のみなさんは出欠を確認するため、このページに感想をコメントで残してください。
ログインはコチラのURLから必要事項を入力して行ってください。
パスワードはご自身で編集・削除などを行う際のものです。ご自身が確認出来るパスワードを自由に入力してください。

メークアップの方はメークアップの方法を確認し、例会に参加したあと、メークアップフォームに設問内容など必要事項をご記入して送信してください。

よろしくお願いします。


会員ログインはコチラ


メークアップの方法はコチラ


メークアップフォームはコチラ


開会点鐘・歌の斉唱





会長の時間:「OKEクラブ号 出航!」



昨日、OKEクラブのRI認証状伝達式が無事執り行われ、私たちのOKEクラブ号がようやく出航致しました。式典にご参加下さいました関係者のみな様には会員一同、心から御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

私たちEクラブではリアル(実際に所定の時間に所定の場所に集まって行う)の例会がございませんので、結成当初に開催した「顔合わせ会」を除けば、昨日が実際に会員同士が顔を合わせる最初の公式の場でした。インターネットを介した交流が原因で生じる詐欺事件や凶悪犯罪などが派手に取り上げられる昨今、インターネットを利用した活動については「仮想空間での交流は安全か、実際に役に立つのか、それで会員同士の親睦は深まるのか」という意見や質問をいただくことがしばしばございます。それに対して私はいつも「はい、実際の交流だけでは得られない成果を挙げるつもりでおります。しかしもちろん、ネット上の活動だけではなく、リアル(実際)の奉仕活動も従来通り行い、ロータリアンとして学び、社会に貢献してまいります。」とお答えしております。


私たちOKEクラブのメンバーは実際に会う機会こそ週に一度もございませんが、フェイスブックというSNSを通じて会員全員が繋がっており、24時間常時連絡を取り合えるようにしています。だからこそ、時間(24時間いつでもアクセス可能)と空間(どこからでもアクセス可能)を超えた活動を居住地域にこだわらないメンバー構成で行うことが可能なのです。例会の準備をはじめとする事務連絡や理事会案件などが、フェイスブックのメッセージ機能やグループ機能を駆使して実際に顔を合わせたり逐一紙媒体の文書を作成したりすることなくスムーズに進行しています。



1968年に、アメリカの心理学者であるRobert B. Zajoncが発表した「単純接触効果」、ザイアンスの法則というのがあります。これは、初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくる、という効果です。同じ接触でも、60分間一度だけ一緒にいるよりも、10分間6回一緒にいた方が高い効果を得られるそうです。

フェイスブックで毎日相手の顔写真を見ながら連絡事項を確認したり、お互いのタイムラインをチェックしあったりしているお蔭で、まだ実際に会ったことがない会員さんには旧知の友人のような、そして頻回に連絡を取り合っている理事の皆さんとはまるで家族のような、そんな親近感を私は抱いています。トータルにすれば一日10分足らずのネット上での交流にもザイアンス効果が当てはまるのかもしれません。

ですから、実際に同じ場所に顔を合わせて集った時の親近感、高揚感は従来のクラブとは一味異なる盛り上がりを見せることと思います。入会前に「ロータリークラブでのお付き合いは淡白でクールです」と聞いておりましたが、もしかしたらOKEクラブは日本一熱いクラブになるかもしれません。



フェイスブックについては世間では賛否両論ございますが、今や日本の首相がフェイスブックで総裁選出馬を発表する時代です。日本国内では2700万人、世界では19億4000万人がアクティブユーザーとしてフェイスブックを利用(Social Media Lab,2017年5月統計)しています。誤った使い方をしない限り、とても便利なシステムです。社会の高齢化が進行するにつれて各種の団体からシニアの会員の退会が増えているという話を聞きます。体が不自由になり、外出ができなくなるためです。そのような方にこそ、実際に外に出なくても会に参加することができるネットやフェイスブックを利用して頂きたいと思います。ロータリーを通じて、シニア層にICTの魅力と方法を伝えて活用を推進していくことも一つの社会奉仕ではないでしょうか。

さてこのOKEクラブ号に新入乗組員の稙田惠秀さんを迎えました。稙田さんは元ロータリアンでいらっしゃいますので、これから色々と当クラブをご指導いただけますことと楽しみにしております。船長の私は新米でございますが、航海士、機関長・機関士、通信士、事務部をはじめとする部員たち、ベテランの方がたくさんいらっしゃいます。大船に乗った気分で、とまではいきませんが、みんなで力を合わせて豊かな航海の時間を過ごしてまいりたいと思います。


出席報告


例会 第3回【通算第5回】 2017年6月12日正午~6月19日正午(出席数・出席率 6月19日11:00現在 )


修正
出席率
53 42 79.25% 0 79.25%

例会 第2回【通算第4回】 2017年6月5日正午~6月12日正午(出席数・出席率 6月19日10:00現在 )


修正
出席率
51 39 76.47% 5 84.31%

例会 第1回【通算第3回】 2017年5月29日正午~6月5日正午(出席数・出席率 6月5日 12:00現在 確定)


修正
出席率

6/12
正午
44 37 84.09% 1 86.36%

幹事報告・委員会報告


幹事報告


前回の第3回例会【通算第5回】にご出席いただきました皆様には心よりお礼申し上げます。

<出席に関するお願い>(再掲載)
・ホームクラブ(OKEクラブ)例会に極力出席(例会ページを参照いただき、例会開催期間中にコメントしていただくこと)をお願いします。
・各例会への出席コメントで、各例会ごとの開催期間(月曜正午-翌月曜正午)以外のものは、出席カウントされませんのでご注意ください。
・万一、出席できなかった場合、2週間以内に他のクラブの例会に参加することでの「出席補填」(メークアップ)をお願いします。「メークアップ」は、例会場に集って開催される例会と、他のEクラブ例会のいずれでも結構です。メークアップ後、証明書を事務局あてお送りください。
 他のEクラブURL一覧(あすかRC資料)
・他クラブ(リアル例会、Eクラブ例会)へのメークアップ(出席補填)につきましては、通常の場合「有料」となりますので予めご承知おき願います。
・他クラブの例会にご参加いただく場合のクラブ名は、正式名称(2720JapanO.K.ロータリーEクラブ)で通知いただくようお願い申し上げます。
(事務局メールアドレス: info@ok2720eclub.jp )


<来信報告>


(今回は来信なし)


<理事会報告>


1.新入会員候補者につき理事の過半数による承認をいただいております。(オンライン)
会員各位への詳細通知も終了しておりますので正式入会のお知らせを掲載します。


<新入会員のご紹介 1名>
稙田 惠秀会員(大分市在住)
 紹介者  :安部道弘会員
 勤務先  :(宗)霊山寺 代表役員
 職業分類 :仏教
 所属委員会:公共イメージ委員会


2.本年度(2016-17年度)のロータリー財団寄付金につき、会員の意思確認を実施したうえで個別会員ごとに実施することにつき承認されました(オンライン)


幹事 早水琢也


委員会報告:RYLA参加報告 (片山 勇 会員)


6月10日(土)、11日(日)の一泊二日で、RYLAに参加してきました。

RYLAとは? My Rotaryでは次のように説明されています。
地域社会の次世代のリーダーがつながり、アイデアを広げ、行動を起こすきっかけを生み出すのが、「ロータリー青少年指導者養成プログラム」(Rotary Youth Leadership Awards、通称「RYLA」)。
RYLAは、クラブや地区(または複数地区合同)によって実施される、若者のためのリーダーシップ養成プログラムです。イベントは、1日のセミナーや3日間~1週間の合宿など、目的、リソース、参加者の種類によってさまざまな形で実施されます。年齢に決まりはありませんが、多くのイベントは高校生、大学生、若い社会人を対象としています。イベントの目的も、家庭に問題を抱えた青少年を支援する、インターアクトやローターアクトのリーダーシップ能力を高める、ロータリー学友と再びつながる、職業人のリーダーとなる人材を育てるなど、多岐にわたります。



私事ですが、今春4月に三女が福岡の大学に進学し、福岡中央ロータアクトクラブに入会させていただいております。娘がこのプログラムに参加すると聞き、おとなりのRI第2700地区ですが、急遽私も勉強がてら参加させていただきました。実は、昨年2016年9月大分県由布市にて行われた当2720地区のプログラムに当時高校生だった三女と参加したのがRYLA初参加でした。このような素晴らしいプログラムがある事に気付いてなかったのは本当に自分の勉強不足で、ロータリーに不熱心だったなと反省してます。



参加者は概ね35歳以下の若い世代で、会社の若手社員はもちろん、私のように自分の子供を参加させる事も可能です。研修では、泊まりがけで若い世代が真剣にコミュニケーションしながらリーダーシップを学んでいました。また、プログラムのひとつ「ロータリアンと語る」というコーナーでは 私も若い世代の人たちと混じって一緒に話をさせていただきましたが、若者たちのしっかりした考えや態度にはこちらの方が勉強させられました。

2720地区(熊本、大分)以外の皆さまの近隣地区でもRYLAが行われているはずですので、お住いの地区のガバナー事務所にお問い合わせしてみてください。

国際ロータリー第2700地区
国際ロータリー第2720地区 RYLAセミナー 報告
http://www.ri2720.org/section_news/ryla/post-6184/


第36回RYLA_H29.6.10.pdf(2.6MB)

第36回RYLA_H29.6.10.pdf(2.6MB)


卓話:国際ロータリー加盟認証状伝達式


6月18日(日)大分オアシスタワーホテル5階にて、国際ロータリーより我が2720Japan O.K.ロータリーEクラブが、無事加盟認証状を頂くことができました。

この国際ロータリー加盟認証状伝達式を迎えるまでに、5月15日第1回仮例会 5月22日第2回仮例会を開催し、5月25日 日本事務局より、5月18日に、加盟認証を頂けた旨の一報が届き、5月29日 本例会第1回(通算第3回)を開催、6月5日、6月12日の例会を経て、昨日 認証状伝達式を執り行なうことができました。

当日は、大分市長佐藤樹一郎様はじめ、遠くは第2770地区 吉川RCより中村靖治パストガバナーご夫妻、他地区(第2700地区、第2730地区)より3名、当地区の各ロータリークラブより大勢のロータリアンの皆様(登録数194名、ご出席数122名)のご臨席を賜りました。心より感謝申し上げます。

伝達式、懇親会で、多くの励ましやご期待のことばをお寄せいただき、会員ひとりひとり、心に期するものがあったことと思います。
創立会員46名 6月18日現在54名の会員(28歳~86歳)、大分、熊本はもとより、東京、大阪、鳥取、福岡、そしてスリランカ、Eクラブならではのワールドワイドなメンバー構成で、植山朋代会長号が、これからスタートいたします。

先輩クラブのご指導ご支援を賜りながら、Eクラブならではの奉仕活動を展開できるよう、会員皆で切磋琢磨しながら、人として、ロータリアンとして、そしてクラブとして成長していきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


認証伝達式パンフレットPDF

認証伝達式パンフレットPDF(110.9MB)

※パンフレットのダウンロードにご注意を。上記の写真をクリックするとダウンロードが開始されます。110.9MBの重いデータですので、ダウンロードをする際は、高速回線の環境下で行ってください。


会の模様



会の模様は、コチラのお知らせでもご覧になれます。よろしければクリックしてご覧ください。



出席関係者のインタビュー








会員インタビュー










閉会点鐘



会員・メイキャップの皆様へ(会員の方はログインページで必ずログインしてください


メークアップへ


会員専用コメントへ


メークアップ


メールフォームにてのメークアップの方は必要事項をご記入の上、送信してください。
2720 Japan O.K. ロータリーEクラブではFAXでも受け付けております。
詳細については、『メークアップの方法』にてご確認ください。

下記の「今週の設問」にご回答ください。回答方法は次のとおりです。

1つまたは複数の設問に対してご回答ください。
すべての設問に対して回答する必要はありません。


今週の設問


設問1. 『今週の例会』にご参加になって感じたことなど、ご意見をお聞かせください。

設問2. 当ウエブサイト(今週の例会以外のコンテンツ)についてご意見をお願いします。

設問3. 当O.K.Eクラブについて、期待すること、疑問や不安に思うことについてご自由にお書きください。

設問4. あなたのクラブの青少年奉仕についてどのような活動をされているか教えてください。


メークアップフォーム


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00 平日のみ:事務局 岩崎・滝波)

090-6424-9995(岩崎)080-3221-3377(滝波)